« 低環境負荷の人工硫化銅鉱物で高効率な熱電変換を可能に | トップページ | NMR磁石で世界最高磁場を発生 »

2014年10月 8日 (水)

(社説)ノーベル賞 地道な研究の土壌守れ

2014年10月8日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 今年のノーベル物理学賞は、LEDの中
でも最も難しかった青色LEDの実現で
世界に貢献した3人の日本人研究者に
贈られることになった。
 
 社会に役立った研究者に賞を贈ろう
というノーベルの遺志に沿うものだ。
 
 赤崎勇・名城大教授と天野浩・名古屋大
教授の師弟は、名古屋大で明るく輝く
LEDに欠かせない良質な結晶を作った。
 
 世界の多くの研究者があきらめた
窒化ガリウムという物質にこだわり続けた
末のことである。
 
 中村修二・米カリフォルニア大
サンタバーバラ校教授は、徳島県の
企業研究員時代に、失敗に失敗を重ね
ながら結晶を大きくする方法を開発し、
青色LEDの製品化にこぎつけた。
 
 3人に共通するのは、愚直なまでに
一つの道を追求し続けたことである。
 
 その粘り強さをたたえる一方で、
今の日本でもこうした地道な研究が実を
結ぶだろうかと心配せずにいられない。
 
 目先の成果を追い求める風潮が強まる
一方で、企業研究者の貢献が軽視される
傾向が、あちこちで見られるからだ。
 
 大学では、研究資金の配分に競争の要素
が色濃くなって、短期的な成果が
求められるようになった。
 
 今でも赤崎さんや天野さんのような研究
に、成功までの時間が与えられるだろうか。
 
 中村さんは世界的発明にもかかわらず、
所属企業で厚遇を得てはいなかった。
 
 中村さんの異議申し立てから約10年。
 
 果たして、企業は社員に十分、報いる
ようになっているのだろうか。
---------------------------------------
 
 ノーベル物理学賞受賞、
おめでとうございます。
 
 おめでたいことなのですが、このことに
関連して心配していることがあります。
 
>今でも赤崎さんや天野さんのような
>研究に、成功までの時間が与えられる
>だろうか。
 
>中村さんは世界的発明にもかかわらず、
>所属企業で厚遇を得てはいなかった。
 
 日本で研究を続けることさえ
出来なかった。
 
 受け入れてくれたのは米国です。
 
 関連記事です。
 
 前回の受賞者の南部陽一郎さんは
米国籍、米国人だと言っている。
 
 ノーベル化学賞を受賞した下村脩さん
も米国です。
 下村さんの「緑色蛍光タンパク質
(Green Fluorescent Protein; GFP)」
の発見は現在の医学の発展にものすごく
寄与しています。
 
 これがなかったら現在の医学の発展は
なかったと思うくらいです。
 
 この時から、真の科学者を育てる環境が
日本にあるのだろうか?
 あるいは、そういう環境を整えようと
しているのだろうか?
 
 と言う疑問をずっと抱いていました。
 
 それで今回の受賞。
 このことを凄く心配しています。
 
 発明は企業のものとかいう話しが
ありましたね。
 
 色々な人がいる、異なる個人を認め
尊重し、共に高め合い、共存する。
 それが民主主義と言うもののはず。
 
>喜ぶだけでなく施策も点検したい。
 心からそう思います。

|

« 低環境負荷の人工硫化銅鉱物で高効率な熱電変換を可能に | トップページ | NMR磁石で世界最高磁場を発生 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60443568

この記事へのトラックバック一覧です: (社説)ノーベル賞 地道な研究の土壌守れ:

« 低環境負荷の人工硫化銅鉱物で高効率な熱電変換を可能に | トップページ | NMR磁石で世界最高磁場を発生 »