« 《650》 心配ばかり、は記憶にも悪い | トップページ | 京大、iPSから心臓組織シート 世界初、血管細胞含め作製 »

2014年10月24日 (金)

がん狙い撃ち新物質、シカゴ大・中村教授が発見

2014年10月23日 読売新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 【ワシントン=中島達雄】がん細胞を
狙い撃ちする分子標的薬の新しい有力候補
となる化合物を見つけたと、米シカゴ大の
中村祐輔教授の研究チームが22日、
米医学誌「サイエンス
・トランスレーショナル・メディシン」に
発表した。
 
 中村教授によると、この化合物を使って
マウスで実験したところ、肺がんが完全に
消えたという。
 
 研究チームは、がん細胞の増殖で重要な
役割をする「TOPK」というたんぱく質
に注目。
 
 30万種類の化合物の中から、TOPK
の働きを妨げる化合物を探し出した。
---------------------------------------
 
 Good News!
 
 がん狙い撃ち新物質というのが
いろいろ出てきますが、
どれが本命なんでしょうか?
 
 期待しているんですが、
 
 上記以外にも、がん細胞だけ攻撃と
いうのもいろいろある。
 
 関連投稿です。
2014年8月 5日
 
 どういう方法でも良いので画期的な
ものが臨床の場で実際に活躍して
貰いたい。
 
 「ウイルス療法」はどうなのかな?
 
 もうずいぶん時間が経った。
 臨床試験の結果は?

|

« 《650》 心配ばかり、は記憶にも悪い | トップページ | 京大、iPSから心臓組織シート 世界初、血管細胞含め作製 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60536251

この記事へのトラックバック一覧です: がん狙い撃ち新物質、シカゴ大・中村教授が発見:

« 《650》 心配ばかり、は記憶にも悪い | トップページ | 京大、iPSから心臓組織シート 世界初、血管細胞含め作製 »