« 大阪大:「脱細胞化」処理 国内で初の心臓弁移植手術 | トップページ | (社説)派遣法審議 目指すべきは均等待遇 »

2014年10月29日 (水)

日本の位置をミリ単位で把握、国土地理院 電波望遠鏡で

2014/10/27 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 国土地理院は電波望遠鏡を使って日本の
位置などを精密に測る次世代観測施設を
28日に稼働させる。
 
 宇宙のはるか遠い星から届くかすかな
電波をとらえ、地表の距離などを測る。
 
 5年後には、同様の施設が世界に
20~30カ所できる見込みで、日本の位置を
1ミリメートル単位で把握できるように
なる。
 
 これまでは1センチメートル単位
だった。
 
 地震や火山噴火といった自然災害の把握
に欠かせないプレートの移動、温暖化に伴う
海水面の変化などを今より正確に測れるよう
になるほか、全地球測位システム(GPS)
の精度向上にも役立つ。
---------------------------------------
 
>ミリメートル単位で把握できるように
>なる
 素晴らしいですね。
 
 ただ、
>地震や火山噴火といった自然災害の把握
>に欠かせないプレートの移動、温暖化に
>伴う海水面の変化などを今より正確に
>測れるようになる
 と言っていますが、
 
 この方法では多点のピンポイントでの
位置把握はできないはず。
 
 実際の所、観測所の数は限られるので
(GPS)の精度向上にどの程度貢献
できるのか?
 にかかっているような気がします。
 
 ミリメートル単位での位置把握が出来る
のは素晴らしいとは思いますが、

|

« 大阪大:「脱細胞化」処理 国内で初の心臓弁移植手術 | トップページ | (社説)派遣法審議 目指すべきは均等待遇 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60562533

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の位置をミリ単位で把握、国土地理院 電波望遠鏡で:

« 大阪大:「脱細胞化」処理 国内で初の心臓弁移植手術 | トップページ | (社説)派遣法審議 目指すべきは均等待遇 »