« バッテリレスアブソリュートセンサ搭載ステッピングモーターユニット | トップページ | 多能性幹細胞 見えた!大量培養 »

2014年10月20日 (月)

カネカ、寿命が約5万時間の有機EL照明デバイスを開発

2014/10/09 マイナビニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 カネカは10月9日、約5万時間の寿命と
色変化の小さい有機EL照明デバイスを
開発したと発表した。
 
 有機得EL照明デバイスにおいて世界最高
水準の寿命になるという。
 
 一般的なLED照明の推定寿命は約4万時間
とされているのに対し、これまでの同社の
有機EL照明デバイスは推定寿命が
約1万7000時間で、寿命の短さが課題と
なっていた。
---------------------------------------
 
 約5万時間の寿命とは凄いですね。
 
 一般家庭には不適のような気がします
が、
 
>有機EL照明の特長がいきる国内および
>欧米の市場へ積極的に販促展開する
>ことにより、2020年には売り上げ
>500億円を目指すという。
 
 応援したいですね。頑張ってください。
 
 日本のメーカーは負けていますから、
世界展開出来ると素晴らしい。

|

« バッテリレスアブソリュートセンサ搭載ステッピングモーターユニット | トップページ | 多能性幹細胞 見えた!大量培養 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60516501

この記事へのトラックバック一覧です: カネカ、寿命が約5万時間の有機EL照明デバイスを開発:

« バッテリレスアブソリュートセンサ搭載ステッピングモーターユニット | トップページ | 多能性幹細胞 見えた!大量培養 »