« 中外 ALK陽性非小細胞肺がん治療薬アレセンサカプセルを新発売 | トップページ | 日立、認知症の原因物質を画像化 »

2014年9月25日 (木)

RNA断片でがん細胞殺す 星薬科大が新手法

2014/9/9 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
■星薬科大学 服部喜之准教授らは、
人工合成したRNA(リボ核酸)を使って
がん細胞を殺す手法を開発した。
 
 RNAの断片を脂質などでくるみ、
がん細胞まで届くと、遺伝子を壊して増殖
できなくなる。
 
 ウイルスを使ってRNAを運ぶやり方
よりも副作用が少ないという。
 
 埼玉医科大学や筑波大学と組んで、
10年以内の実用化を目指す。
---------------------------------------
 
 良さそうですが、どういう理屈で
がん細胞の遺伝子を壊すのかな?
 
 良く理解出来ないけれど、実用化
に期待しましょう。

|

« 中外 ALK陽性非小細胞肺がん治療薬アレセンサカプセルを新発売 | トップページ | 日立、認知症の原因物質を画像化 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60372636

この記事へのトラックバック一覧です: RNA断片でがん細胞殺す 星薬科大が新手法:

« 中外 ALK陽性非小細胞肺がん治療薬アレセンサカプセルを新発売 | トップページ | 日立、認知症の原因物質を画像化 »