« ホンダ最新鋭工場がエコ改革 製造時CO2半減へ | トップページ | 2万2000人強の障害者を雇用するサムハル スウェーデンのサムハルCEO、ロンゲガード氏に聞く »

2014年9月19日 (金)

結核菌排除するタンパク質 九大研究グループが特定

2014/8/29 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 九州大生体防御医学研究所の山崎晶教授
(免疫学)らの研究グループは、人体の
免疫細胞にあるタンパク質が結核菌の侵入
を防ぐ働きがあることを特定し、28日付の
米科学誌「イミュニティ」電子版に
発表した。
 
 世界保健機関(WHO)の調べでは、
2012年の結核による死者は世界で130万人
に上る。
 
 山崎教授は、このタンパク質がもともと
人体にあることから「従来の薬に耐性を
持つ結核などの感染症治療薬の開発に
役立つ可能性がある」としている。
 
 山崎教授によると、タンパク質は
デクチン2と呼ばれ、免疫細胞に存在し、
糖と結合する性質を持っている。
 
 研究グループが結核菌の成分を分析した
結果、デクチン2は結核菌に特徴的な
糖脂質「リポアラビノマンナン(LAM)」
を認識することが判明。
 
 免疫細胞を活性化させ、結核菌を排除
することが分かった。
---------------------------------------
 
 Good Newsです。
 
 デクチン2を利用して結核菌に対する
免疫をさらに活性化するということ
でしょうか?
 
>今後、研究グループは人体に侵入した
>結核菌が免疫機能にどのように作用
>していくか解明していくという。
 
 今後に期待ですね。

|

« ホンダ最新鋭工場がエコ改革 製造時CO2半減へ | トップページ | 2万2000人強の障害者を雇用するサムハル スウェーデンのサムハルCEO、ロンゲガード氏に聞く »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60341248

この記事へのトラックバック一覧です: 結核菌排除するタンパク質 九大研究グループが特定:

« ホンダ最新鋭工場がエコ改革 製造時CO2半減へ | トップページ | 2万2000人強の障害者を雇用するサムハル スウェーデンのサムハルCEO、ロンゲガード氏に聞く »