« サリドマイドの標的タンパク質「セレブロン」の三次元構造を解明 ~免疫調整剤に関する研究の促進と新薬開発にむけて大いに期待~ | トップページ | iOS 8は遅い? »

2014年9月23日 (火)

細胞のゴミ収集

2014年9月8日 Nature Immunology
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 免疫系が死んだ細胞を除去するのに複数
の異なる方法があるとの報告が寄せられて
いる。
 
 ヒトの体内では、毎日何十億個もの細胞
が死に、それが蓄積すると、組織の病変の
きっかけになることがある。
 
 そこで、これら死んだ細胞を除去する
ために、細胞のゴミ収集車として働く特殊
な細胞が必要となる。
 
 Greg Lemkeたちは、これらの免疫細胞が
この作業のために、異なった細胞受容体を
利用することを発見した。
 
 これらの受容体は
TAM受容体チロシンキナーゼと総称され、
その中のMerとAxlは、死んだ細胞の表面に
取り付いたタンパク質を認識して、
処理するという目印をつける。
 
 Merは、正常な条件のもとだけで働き、
死んだ細胞を除去して組織の免疫寛容を
維持する。
 
 これに対し、炎症の際にはAxlの生産が
急激に増加し、死細胞の除去作業を
引き受ける。
 
 現在、TAM受容体を標的とする、がんや
自己免疫疾患の治療法の開発が進められて
おり、MerとAxlの機能を区別することは
重要である。
---------------------------------------
 
 免疫の機能はこういう所にも働いて
いるのですね。
 
 こちらの投稿はもう少しミクロな所
の話しになります。
2013年1月 7日
 
 オートファジーというものですね。
 
 人の身体は本当に良く出来ている。
 動物と言っても良いかな?

|

« サリドマイドの標的タンパク質「セレブロン」の三次元構造を解明 ~免疫調整剤に関する研究の促進と新薬開発にむけて大いに期待~ | トップページ | iOS 8は遅い? »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60362784

この記事へのトラックバック一覧です: 細胞のゴミ収集:

« サリドマイドの標的タンパク質「セレブロン」の三次元構造を解明 ~免疫調整剤に関する研究の促進と新薬開発にむけて大いに期待~ | トップページ | iOS 8は遅い? »