« プラごみ、海の迷惑 微小な破片、化学物質を吸着 魚が食べ生態系に影響も | トップページ | (池上彰の新聞ななめ読み)慰安婦報道検証 訂正、遅きに失したのでは »

2014年9月 3日 (水)

光合成膜の常識覆し、糖脂質の機能解明

2014年9月2日
サイエンスポータル科学ニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 光合成は葉緑体の中の膜で反応が起きる。
 
 その光合成膜は普遍的にガラクトースの
脂質から構成されており、
そのガラクト脂質が光合成に欠かせないと
考えられていた。
 
 この常識を覆して、グルコースの脂質膜
でも光合成ができることを、
静岡大学大学院理学研究科の粟井光一郎
(あわい こういちろう)准教授らが実証
した。
 
 光合成の膜に関する研究に刺激を与える
成果といえる。
 
 東京大学の佐藤直樹教授、東京工業大学
の太田啓之教授と共同研究で、9月1日付の
米科学アカデミー紀要PNASのオンライン版
で発表した。
 
 植物や藻類、シアノバクテリアなどの
光合成をする生物で、光合成反応の場
となる膜はガラクト脂質でできている。
 
 ガラクトースはグルコースと1カ所の
水酸基の向きが異なるだけだが、生体内
ではグルコースの数百分の1しか存在
しない。
 
 植物では脂質の骨格にガラクトースを
転移してガラクト脂質を合成するのに対し、
シアノバクテリアでは脂質の骨格に一度
グルコースを転移した後、ガラクトースに
変換して合成することが知られている。
 
 粟井准教授らは,これまで不明だった
グルコースからガラクトースに変換する
シアノバクテリアの酵素のmgdE 遺伝子を、
ポーリネラという葉緑体に似た構造を持つ
微生物のゲノム情報を用いて探しだし、
その遺伝子を破壊したシアノバクテリアを
作成した。
 
 遺伝子破壊株では、ガラクト脂質の代わり
にグルコースを持つ脂質が蓄積していたが、
光合成の活性を維持していた。
 
 電子顕微鏡で観察すると、遺伝子破壊株
でも、光合成のチラコイド膜が形成されて
いた。
 
 この結果、ガラクト脂質が光合成膜に
不可欠ではないことが初めてわかった。
 
 この発見は、光合成膜の機能解明に進展
をもたらした。
 
 今後、光合成に不可欠なタンパク質群の
構造や安定性に膜脂質が与える影響を
明らかにして、光合成システムの理解を
促進し、エネルギー物質生産の効率化に
役立つことが期待される。
---------------------------------------
 
 今までの常識を打ち破るのは凄いこと
です。素晴らしい。
 
>粟井光一郎准教授は「これまで光合成で
>当たり前と思われていたことが、
>当たり前でなかったことが一番大きい。
>膜脂質をグルコース型から
>ガラクトース型に転換する酵素の遺伝子
>を見つけたことで解析が可能になった。
>この研究をさらに進め、生物に
>ごく少ないガラクトースを使った
>ガラクト脂質が光合成膜にあまねく存在
>する理由を突き止めたい」と話している。
 
 そうですね。
 
 生物にごく少ないガラクト脂質が
光合成膜にあまねく存在する理由。
 
 どうしてでしょうか?
 ガラクト脂質が必須でないとすると
不思議ですね。

|

« プラごみ、海の迷惑 微小な破片、化学物質を吸着 魚が食べ生態系に影響も | トップページ | (池上彰の新聞ななめ読み)慰安婦報道検証 訂正、遅きに失したのでは »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60253902

この記事へのトラックバック一覧です: 光合成膜の常識覆し、糖脂質の機能解明:

« プラごみ、海の迷惑 微小な破片、化学物質を吸着 魚が食べ生態系に影響も | トップページ | (池上彰の新聞ななめ読み)慰安婦報道検証 訂正、遅きに失したのでは »