« 世界最速、極低温冷凍機の開発 | トップページ | 「原発反対の声が騒音扱い」とは »

2014年9月10日 (水)

藻からシャンプー? 花王、汚れ落とす成分発見

2014年9月10日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 花王が、シャンプーなどの主成分になる
「界面活性剤」を、藻からつくり出す糸口
をつかんだ。
 
 2020年をめどに基礎研究を終え、
商品化をめざす。
 
 9日、札幌市で開かれた油脂関連の学会
で、花王が発表した。
 
 界面活性剤は汚れを落とす働きを持ち、
かつては石油からつくられた。
 
 その後、アブラヤシの種から取れる
「パーム核油」などを原料にする天然成分
が主流になった。
 
 ただ、食料であるヤシを使うことや、
ヤシ畑を増やすために森林伐採が
繰り返されていることが問題にもなって
いた。
 
 界面活性剤をつくるもとは、
「中鎖脂肪酸」と呼ばれる物質だ。
 
 花王は約1200種の藻類を調べ、
パーム核油と構造が似た中鎖脂肪酸を持つ
2種類の藻を見つけ出した。
 
 今後は、藻を大量に増殖したり、藻から
効率的に成分を取り出す研究を進めたり
して、安くたくさんつくれる方法を模索
する。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
>2020年をめどに基礎研究を終え、
>商品化をめざす。
 ということなので、
 
 まだ先の話になるようですが、
期待したい。
 
 関連投稿です。
2014年8月 2日
 
 こういう発見とも組み合わせて良い方向
へ進めて欲しいと思います。

|

« 世界最速、極低温冷凍機の開発 | トップページ | 「原発反対の声が騒音扱い」とは »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60293310

この記事へのトラックバック一覧です: 藻からシャンプー? 花王、汚れ落とす成分発見:

« 世界最速、極低温冷凍機の開発 | トップページ | 「原発反対の声が騒音扱い」とは »