« 日立、認知症の原因物質を画像化 | トップページ | カルシウムチャネルの新しいアロステリック阻害メカニズム »

2014年9月25日 (木)

再生エネ、新規購入中断 九電、太陽光急増で 送電網、対応できず

2014年9月25日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 九州電力は24日、太陽光など再生可能
エネルギーの固定価格買い取り制度
(FIT)に基づく新たな契約の締結を、
九州のほぼ全域で中断すると発表した。
 
 出力の変動が大きい太陽光発電などが
急に増えると、電気を安定的に送れなく
なるおそれがあるからだ。
 
 ほかの電力会社でも同様な課題があり、
経済産業省も対策を検討し始めている。
 
 九電は、すべての再生エネについて、
出力10キロワット以上を発電する
民間事業者が九電の送電設備に接続する
新規契約を、25日から当面中断する。
 
 一般の家庭が太陽光などの余った
電気を売る分については、新規の契約
を受け付ける。
---------------------------------------
 
>経済産業省も対策を検討し始めている。
 
 「何を今さら」という気がする。
 初めから分かっていたこと。
 
 電力の自由化も危うい。
 
 電力ネットワークがあまりにも貧弱。
 融通など殆ど出来ないレベル。
 
 再生可能エネルギーの比率を高める
為には何をしなくてはならないかなど
先進諸国の内容などは既知のはず。
 
 やる気などなく、検討など単なる
ジェスチャーでは?
 と勘ぐりたくなる。
 
 多分、電力会社が出来ないと言って
いるのだから、出来ません。
 で終わりそう。

|

« 日立、認知症の原因物質を画像化 | トップページ | カルシウムチャネルの新しいアロステリック阻害メカニズム »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60372728

この記事へのトラックバック一覧です: 再生エネ、新規購入中断 九電、太陽光急増で 送電網、対応できず:

« 日立、認知症の原因物質を画像化 | トップページ | カルシウムチャネルの新しいアロステリック阻害メカニズム »