« 東大、ピロリ菌への感染による胃がん発症に関連するマイクロRNAを発見 | トップページ | 上空から放射性セシウムを可視化する散乱エネルギー認識型ガンマカメラの開発に成功 -無人ヘリに搭載して上空から放射性セシウムの分布を可視化- »

2014年9月12日 (金)

九大、固体高分子形燃料電池の白金使用量を1/10に削減

2014/09/08 マイナビニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 九州大学(九大)は9月5日、
固体高分子形燃料電池に使用する白金の
粒径と担持密度を低減することで
利用有効比表面積を増加させ、
燃料電池セルに用いる白金使用量を
従来の1/10に削減できるナノ積層技術を
開発したと発表した。
 
 同成果は、同大
カーボンニュートラル・エネルギー
国際研究所(I2CNER)/工学研究院の
中嶋直敏教授、藤ヶ谷剛彦准教授、
I2CNERのInas H. Hafez博士研究員、
Mohamed R. Berber博士研究員らに
よるもの。
 
 詳細は、英国科学雑誌
「Scientific Reports」の
オンライン版に掲載された。
 
 今回開発した白金粒子は"のり"となる
物質を介して導電性カーボンにしっかり
と吸着する独自技術を用いているために
凝集しにくく、かつ白金粒子間の距離も
より離れており、凝集が起こりにくい
ことも期待できるので、白金使用量の
削減のみならず、燃料電池そのものの
寿命を向上させる可能性がある。
 
 燃料電池の寿命が向上すれば、
買い替える回数が減るため、その分、
低コスト化と同じ効果があるとしている。
 
 さらに、今回の成果は、2030年以降の
目標とされている100℃以上での発電を
すでにクリアしているため、
次世代燃料電池開発においても重要な
結果と言える。
 
 今後はメーカーと共同で、実作動条件
におけるテストなどを重ね、
5年後の実用化を目指すとコメントして
いる。
---------------------------------------
 
 良さそうですね。
 
 期待しましょう。

|

« 東大、ピロリ菌への感染による胃がん発症に関連するマイクロRNAを発見 | トップページ | 上空から放射性セシウムを可視化する散乱エネルギー認識型ガンマカメラの開発に成功 -無人ヘリに搭載して上空から放射性セシウムの分布を可視化- »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60302973

この記事へのトラックバック一覧です: 九大、固体高分子形燃料電池の白金使用量を1/10に削減:

« 東大、ピロリ菌への感染による胃がん発症に関連するマイクロRNAを発見 | トップページ | 上空から放射性セシウムを可視化する散乱エネルギー認識型ガンマカメラの開発に成功 -無人ヘリに搭載して上空から放射性セシウムの分布を可視化- »