« 外科手術なしで鼓膜再生 細胞を活性化、3週間で聴力回復 (1/2) | トップページ | 北大、上皮細胞が初期がん細胞を排除する仕組みを解明 がんの新治療薬の開発に期待 »

2014年8月 9日 (土)

目の難病「網膜色素変性」の進行4割抑制、京大 マウスで成功

2014/8/6 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 京都大の垣塚彰教授らは、目の難病
である網膜色素変性の病状の進行を抑える
ことにマウスを使った動物実験で
成功した。
 
 目の細胞が死滅するのを抑制する化合物
を合成し、病状の進行を4割ほど遅らせた。
 
 研究成果は英科学誌
サイエンティフィック・リポーツ(電子版)
に6日掲載された。
 
 研究グループは、細胞内のエネルギー
となるATPの消費活動の変化が細胞の
機能低下や死滅につながり、難病の原因
になっている点に注目。
 
 ATPの消費に関係するたんぱく質の
働きを抑える化合物を作れば、細胞の死滅
を防いで難病の進行も抑制できるとみて
研究を進めた。
 
 発見した化合物を網膜色素変性を発症
したマウスに投与したところ、目の細胞
の死滅が減り、視力の低下も抑えられた。
 
 化合物は京都大にちなみ「KUS」と
命名した。
---------------------------------------
 
 Good News です。
 
 本命は再生医療になるのかも知れませんが、
進行を抑制出来たのは素晴らしい。
 
 有効な治療法がなかったのだから
画期的。
 
 今後の進展に大いに期待したい。

|

« 外科手術なしで鼓膜再生 細胞を活性化、3週間で聴力回復 (1/2) | トップページ | 北大、上皮細胞が初期がん細胞を排除する仕組みを解明 がんの新治療薬の開発に期待 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60122206

この記事へのトラックバック一覧です: 目の難病「網膜色素変性」の進行4割抑制、京大 マウスで成功:

« 外科手術なしで鼓膜再生 細胞を活性化、3週間で聴力回復 (1/2) | トップページ | 北大、上皮細胞が初期がん細胞を排除する仕組みを解明 がんの新治療薬の開発に期待 »