« (ザ・テクノロジー)第3部・バイオ編:下 最強の糸、編み出す微生物 | トップページ | (360゜)国会はいま:上 論戦の舞台、存在軽く 与党、事前に密室協議 »

2014年8月20日 (水)

補助金、受給側の教授が審査 国のアルツハイマー病研究

2014年8月20日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 アルツハイマー病研究の国家事業
「J―ADNI(アドニ)」の中核を担う
厚生労働省が、同事業の最高顧問として
研究を指導する井原康夫・同志社大教授
(東大名誉教授)を、同事業に補助金を
出すかどうかを審査する評価委員に選任
していたことが分かった。
 
 厚労省は「利害関係者は加えないという
指針に触れる可能性があり、不適切だった」
としている。
 
 厚労省は井原氏選任について
「チェック漏れ。顧問なら評価に疑念が
持たれかねない」と釈明
---------------------------------------
 
>不適切だった。
>チェック漏れ。
 何を言っているのかと思う。
 
>利益相反に詳しい隈本邦彦・江戸川大
>教授は「利益相反による評価のゆがみ
>を防ぐため、米国では金銭の授受などの
>透明化を法律で定め、違反すれば罰則が
>ある。
>日本は国際的に利益相反への意識が低い。
>当該研究で補助金をもらっている当事者
>が審査に加わるのは言語道断だ」。
 
 こんなことですまされてしまうので
しょうか?
 
 日本の官僚は鈍すぎる。
 政治家はどうなっている?
 
 国税を投入しているのだという意識を
持っているのだろうかと思う。
 
 おまけに不正の話しもある。
 
 既投稿の記事です。
2014年5月27日
 研究不正。
 
 情けない話しです。

|

« (ザ・テクノロジー)第3部・バイオ編:下 最強の糸、編み出す微生物 | トップページ | (360゜)国会はいま:上 論戦の舞台、存在軽く 与党、事前に密室協議 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60180321

この記事へのトラックバック一覧です: 補助金、受給側の教授が審査 国のアルツハイマー病研究:

« (ザ・テクノロジー)第3部・バイオ編:下 最強の糸、編み出す微生物 | トップページ | (360゜)国会はいま:上 論戦の舞台、存在軽く 与党、事前に密室協議 »