« 採血1回、がん13種類判定へ 国立がんセンターなど、18年度めざし開発 | トップページ | (ザ・テクノロジー)第3部・バイオ編:下 最強の糸、編み出す微生物 »

2014年8月19日 (火)

脳への「ニューロン幹細胞」移植に成功:パーキンソン病治療へ

2014.8.14 wired.
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 マウス実験において、皮膚細胞を
リプログラミングしてつくった
ニューロン幹細胞を脳に移植したところ、
6カ月後には完全に機能するようになった。
 
 神経変性疾患に治療の道が開けるかも
しれない。
 
 ルクセンブルグ大学の「Luxembourg
Centre for Systems Biomedicine」の
幹細胞研究チームが行ったこの実験では、
ホストマウスの皮膚細胞を
リプログラミングして
「誘導ニューロン幹細胞」
(induced neuronal stem cells)を作成
し、これを脳に移植した。
 
 脳の海馬と皮質に移植されたこれらの
細胞は、新たに形成されたシナプス
(ニューロン間の神経活動に関わる
接合部位)を介して、6カ月後には、
元からある脳細胞と完全に機能的に統合
されたという。
---------------------------------------
 
 再生医療いろいろ出てきますね。
 
 まだマウス段階ですが、
>神経変性疾患に治療の道が開けるかも
>しれない。
 
 期待したい。

|

« 採血1回、がん13種類判定へ 国立がんセンターなど、18年度めざし開発 | トップページ | (ザ・テクノロジー)第3部・バイオ編:下 最強の糸、編み出す微生物 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60175604

この記事へのトラックバック一覧です: 脳への「ニューロン幹細胞」移植に成功:パーキンソン病治療へ:

« 採血1回、がん13種類判定へ 国立がんセンターなど、18年度めざし開発 | トップページ | (ザ・テクノロジー)第3部・バイオ編:下 最強の糸、編み出す微生物 »