« 見えたぞ最高エネルギー宇宙線源の影 | トップページ | 脳への「ニューロン幹細胞」移植に成功:パーキンソン病治療へ »

2014年8月19日 (火)

採血1回、がん13種類判定へ 国立がんセンターなど、18年度めざし開発

2014年8月19日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 1回の採血でがん13種類や認知症を
見つける検査技術の開発に着手する、と
新エネルギー・産業技術総合開発機構
(NEDO)と国立がん研究センターなど
が18日発表した。
 
 患者約7万人分の血液を解析して、
それぞれの病気の「目印」となる物質を
特定する。
 
 2018年度までに開発し、その後、
健康診断への活用をめざすという。
---------------------------------------
 
 既に投稿済みです。
2014年6月20日
 
 同じものです。
 
 テレビでは\2000/検査程度を目指したい
ということを言っていました。
 
 現在存在する検査は、PET検査で
\25万/検査です。高いです。
 
 上手く行けば、がんの早期発見に
繋がり、医療費の削減に貢献出来る
はず。
 
 おおいに期待したいと思います。
 
 どの位信頼度の高いデータを集め
られるかにかかっています。

|

« 見えたぞ最高エネルギー宇宙線源の影 | トップページ | 脳への「ニューロン幹細胞」移植に成功:パーキンソン病治療へ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60175559

この記事へのトラックバック一覧です: 採血1回、がん13種類判定へ 国立がんセンターなど、18年度めざし開発:

« 見えたぞ最高エネルギー宇宙線源の影 | トップページ | 脳への「ニューロン幹細胞」移植に成功:パーキンソン病治療へ »