« 免疫細胞が感染を感知する仕組み解明 | トップページ | 原子力発電所の稼動延期は電気料金のアップにつながると米国で議論に »

2014年8月22日 (金)

iPS肺胞細胞、取り出しに成功 京大のグループ

2014年8月22日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 iPS細胞で呼吸の空気交換を担う肺胞
の細胞を効率よく作って取り出すことに、
京都大のグループが世界で初めて成功した。
 
 肺胞の細胞を作ったという報告はあった
が取り出す技術はなかった。
 
 肺の病気の原因や効果的な薬の研究に
応用でき、将来の再生医療につながる成果
と期待される。
 
 米科学誌ステムセルリポーツ電子版に
22日発表する。
 
 三嶋理晃(みちあき)教授
(呼吸器内科学)らは、順調に変化して
いる細胞の表面にだけ現れるたんぱく質
を発見。
 
 作製の途中で、このたんぱく質を持つ
細胞だけを取り出し、肺の形を支える細胞
と一緒に培養した。
 
 すると、肺胞と同じ特徴を持った細胞を
含む球状の塊ができ、作製効率が向上。
 
 これらの細胞の分離もできた。
 
 グループの伊藤功朗(いさお)助教は
「効率を高め、肺疾患の研究に役立て
られるようにしたい」と話す。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 iPS細胞は万能細胞とは言いながら、
まだまだ、どんな細胞でも作成できる
技術は育っていない。
 
 今回は肺胞細胞だそうです。
 
>肺疾患の研究に役立てられるように
>したい
 
 期待しましょう。

|

« 免疫細胞が感染を感知する仕組み解明 | トップページ | 原子力発電所の稼動延期は電気料金のアップにつながると米国で議論に »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60190367

この記事へのトラックバック一覧です: iPS肺胞細胞、取り出しに成功 京大のグループ:

« 免疫細胞が感染を感知する仕組み解明 | トップページ | 原子力発電所の稼動延期は電気料金のアップにつながると米国で議論に »