« 脳への「ニューロン幹細胞」移植に成功:パーキンソン病治療へ | トップページ | 補助金、受給側の教授が審査 国のアルツハイマー病研究 »

2014年8月20日 (水)

(ザ・テクノロジー)第3部・バイオ編:下 最強の糸、編み出す微生物

2014年8月20日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 山形県鶴岡市の田園地帯にガラス張りの
美しい建物が立つ。
 
 なかの「実験室」への出入りは厳しく
制限されている。
 
 室内にあるのは、筒状のガラス容器だ。
 
 31歳の代表執行役、関山和秀が率いる
慶応大発のバイオベンチャー企業
「スパイバー」が目指すのは、人工的に
クモの糸を合成し、量産化することだ。
 
 昨年11月、トヨタ自動車系の部品製造
会社「小島プレス工業」と共同で、
試作研究施設を造った。
 
 来年から年間10トンの生産態勢に入る
予定だ。
---------------------------------------
 
>来年から年間10トンの生産態勢に入る
>予定だ。
 
 ずいぶん商用化に近づきました。
 
 既投稿記事です。
2013年5月27日
 
 「合成生物学」競争の激しい分野です。
 世界に一歩先駆けて商用化出来ると
素晴らしいですね。
 
 期待したいです。

|

« 脳への「ニューロン幹細胞」移植に成功:パーキンソン病治療へ | トップページ | 補助金、受給側の教授が審査 国のアルツハイマー病研究 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60180236

この記事へのトラックバック一覧です: (ザ・テクノロジー)第3部・バイオ編:下 最強の糸、編み出す微生物:

« 脳への「ニューロン幹細胞」移植に成功:パーキンソン病治療へ | トップページ | 補助金、受給側の教授が審査 国のアルツハイマー病研究 »