« 北大、上皮細胞が初期がん細胞を排除する仕組みを解明 がんの新治療薬の開発に期待 | トップページ | ゼブラフィッシュの脳内でニューロンの発火をリアルタイムでとらえた動画がスゴい!! »

2014年8月10日 (日)

「日焼けマシンは皮膚がんになりやすい」は本当?“18歳未満は特に危険”と米国当局も警告

2014.08.07 Busines Journal
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 太陽光には紫外線B波が多く、これが
火傷のように赤ぶくれをつくる日焼けの
原因である。
 
 しみやシワも、このせいでできて
しまう。
 
 日焼けマシンというのは、このB波の
発生を抑えて、肌を赤くしないで日焼け
できる紫外線A波を照射するように
なっている。
 
 A波はB波に比べて、肌のより深い部分
まで浸透するため、皮膚表面の火傷は
起きないし、肌が赤くならず、短時間で
小麦色に焼けるのだ。
 
 
●米国では健康被害を表示を義務づけ
 
 ところが、このA波もまた日焼けである
限り、しみや肌の老化、そして皮膚がんと
無関係ではないことがわかってきた。
 
 肌の深いところに入り込むだけに、弾力
を保つ組織などに損傷を与え、さらには
免疫力を低下させて皮膚がんを引き起こす
のである。
 
 カリフォルニア大学の研究チームは、
日焼けマシンを使用した者のがん罹患率が、
使用していない者より高いことを確認した。
 
 とくに25歳未満の若い世代では、
他の世代よりもリスクが高いことが報告
されている。
 
 18歳未満の子ども時代に紫外線を浴びる
ことも、がん細胞への変異を促すことが
わかってきたのだ。
 
 このほど、アメリカの食品医薬品局
(FDA)は、日焼けサロンの日焼けマシン
などに関して、18歳未満は使用すべき
ではないという警告の表示を義務づけた。
 
 健康へのリスクを3段階に分けた分類の
中で、低リスクのクラス1からクラス2に
引き上げて、販売前の承認手続きが必要と
なったのである。
---------------------------------------
 
 ご参考です。
 
 FDAの動きは早いですね。
 見習いたい。
 
 紫外線の浴びすぎには注意です。
 気をつけましょう。
 
 でも極端はいけませんよ。

|

« 北大、上皮細胞が初期がん細胞を排除する仕組みを解明 がんの新治療薬の開発に期待 | トップページ | ゼブラフィッシュの脳内でニューロンの発火をリアルタイムでとらえた動画がスゴい!! »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日焼けマシンは皮膚がんになりやすい」は本当?“18歳未満は特に危険”と米国当局も警告:

« 北大、上皮細胞が初期がん細胞を排除する仕組みを解明 がんの新治療薬の開発に期待 | トップページ | ゼブラフィッシュの脳内でニューロンの発火をリアルタイムでとらえた動画がスゴい!! »