« 中部電力、政界に裏金2.5億円 元役員が証言 | トップページ | 細胞に「食べる」機能を付与 ~細胞に新機能を付与する新しい研究ツール~ »

2014年7月20日 (日)

オプジーボ:新機序の悪性黒色腫治療薬

2014/7/18 日経メディカル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 2014年7月4日、抗悪性腫瘍薬ニボルマブ
(商品名オプジーボ点滴静注20mg、
同点滴静注100mg)の製造販売が承認
された。
 
 適応は「根治切除不能な悪性黒色腫」
で、成人には1回2mg/kgを3週間間隔で
点滴静注する。
 
 これまでの基礎・臨床研究から、活性化
したリンパ球(T細胞、B細胞および
ナチュラルキラーT細胞)の表面にある
受容体PD-1は、リンパ球の活性化を抑制
しており、がん細胞はPD-1を利用して
免疫反応から逃れていることが確認されて
いる。
 
 今回承認されたニボルマブは、
ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体
であり、PD-1受容体を阻害することで、
がん細胞を異物として除去する免疫反応
を亢進できると期待されている。
---------------------------------------
 
>PD-1を標的とする治療薬としては、
>世界初となる薬剤
 
 適用は、「根治切除不能な悪性黒色腫」
だそうですが、実は、多種のがんにも効果が
期待でき、間違い無くブロックバスター
となる抗がん剤とのこと。
 
 記事から見ると副作用もいろいろある
ようですが、患者自身の免疫系を活性化
させて、現在までに発表された臨床試験
では、予め患者を選別する必要なく、
20%から30%以上の奏功率を示す
とのこと。
 
 いろいろ条件はあるでしょうが、かなり多種
のがんに対して適用できるもののようです。
 
 今後に大いに期待出来そうです。
 
 今後の展開を見守りましょう。

|

« 中部電力、政界に裏金2.5億円 元役員が証言 | トップページ | 細胞に「食べる」機能を付与 ~細胞に新機能を付与する新しい研究ツール~ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60013449

この記事へのトラックバック一覧です: オプジーボ:新機序の悪性黒色腫治療薬:

« 中部電力、政界に裏金2.5億円 元役員が証言 | トップページ | 細胞に「食べる」機能を付与 ~細胞に新機能を付与する新しい研究ツール~ »