« 従業員をより長時間働かせるには、働く時間を自由に決めさせれば良い? | トップページ | 次世代電池:充電容量7倍…リチウムイオン比 原理を開発 »

2014年7月18日 (金)

うまれつき肝臓に病気があるこどもたちに光明!

2014年7月15日 大阪大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
本研究のポイント
 
・肝臓の病気である「進行性家族性肝内
 胆汁うっ滞症※1」のかゆみに対する
 薬剤を世界で初めて発見
・上記の病気だけではなく、肝臓の病気に
 よるかゆみに対する治療法は現在無く、
 この薬剤が初めてとなる
・かゆみは著しい生活の質の低下をひき
 おこし、その改善は患者、その家族に
 とって新たな光明となる
 
-----
リリース概要
 
 大阪大学大学院医学系研究科情報統合
医学講座(小児科学)の近藤宏樹助教、
長谷川泰浩医員、大薗恵一教授らと
東京大学大学院薬学系研究科の林久允助教、
直井壯太朗大学院生、楠原洋之教授らの
共同研究グループは、尿素サイクル異常症
※2の治療薬であるフェニルブチレートが、
うまれつきの肝臓の病気である
「進行性家族性肝内胆汁うっ滞症」を原因
としたかゆみを改善させる効果があること
を、世界で初めて発見しました。
 
 今までこの病気をはじめとして肝臓の
病気を原因としたかゆみに対する有効な
治療法は無く、こどもたちの生活の質を
低下させる主な要因になっていました。
 
 この治療法の発見により、この病気の
こどもたちをかゆみという悩みから
救い出すことだけではなく、他の肝臓の
病気によるかゆみに対する効果も期待
できます。
 
 本研究成果は、英国科学誌
「Orphanet Journal of Rare Diseases」
に7月15日10時(英国時間)に掲載
されます。
---------------------------------------
 
 正に光明、素晴らしいです。
 既にある治療薬が使えるというのが
さらに良い。
 
>これまで、うまれつきの肝臓の病気で
>黄疸があるこどもたちは、病気の影響で
>発生するかゆみにより生活の質が著しく
>悪化していました。
>この発見により、こどもたちのかゆみが
>消失し、こどもたちの日中の活動性が
>あがり、日中及び夜間の安静を得ること
>ができるようになります。
 
 素晴らしいと思います。
 
 原因となる病気を治癒させるのが最も
望まれるところですが、こういう面の
治療薬も重要なものです。
 
関連リンク
2014年7月18日
サイエンスポータル科学ニュース

|

« 従業員をより長時間働かせるには、働く時間を自由に決めさせれば良い? | トップページ | 次世代電池:充電容量7倍…リチウムイオン比 原理を開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60003553

この記事へのトラックバック一覧です: うまれつき肝臓に病気があるこどもたちに光明!:

« 従業員をより長時間働かせるには、働く時間を自由に決めさせれば良い? | トップページ | 次世代電池:充電容量7倍…リチウムイオン比 原理を開発 »