« 次世代電池:充電容量7倍…リチウムイオン比 原理を開発 | トップページ | 世界初「軟骨細胞シート」 変形性膝関節症に効果あり »

2014年7月19日 (土)

阪大病院:拡張型心筋症11歳女児に筋肉細胞シートを移植

2014年07月16日 毎日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 大阪大病院は16日、重い心臓病の女児
(11)の足の筋肉から細胞を採り、
シート状にして心臓に張り付ける移植手術
をしたと発表した。
 
 阪大病院は2007年以降、成人20人
以上に同様の手術をしてきたが、
より安全性に注意が必要な子どもへの実施
は初めてという。
 
 病院によると、今年5月に女児の
ふくらはぎから筋肉細胞を採取し、筋肉の
元の筋芽細胞を分離して培養。
 
 作った細胞シート5枚を先月18日の
手術で心臓に張り付けた。
 
 女児は心臓の機能が改善し、近く退院
するという。
 
 病院は23日に記者会見して詳細を
説明する。
 
 女児は9歳の時、心臓の筋肉が薄く
伸び、全身に血液を送り出す力が弱くなる
拡張型心筋症と診断された。
 
 症状は悪化し、通学も困難になっていた
が、今回の治療で心臓移植をせずに回復
する可能性があるという。【吉田卓矢】
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
 心臓移植しか手段のなかった疾患で
移植をしなくてもすみそうな結果ですね。
 
 細胞シート素晴らしい
 
 大いに期待したい。

|

« 次世代電池:充電容量7倍…リチウムイオン比 原理を開発 | トップページ | 世界初「軟骨細胞シート」 変形性膝関節症に効果あり »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60007977

この記事へのトラックバック一覧です: 阪大病院:拡張型心筋症11歳女児に筋肉細胞シートを移植:

« 次世代電池:充電容量7倍…リチウムイオン比 原理を開発 | トップページ | 世界初「軟骨細胞シート」 変形性膝関節症に効果あり »