« 薬剤耐性ウイルスを抑制 京大が化合物開発 | トップページ | 電動アシスト車いす「JWスウィング」発売のその後 »

2014年7月31日 (木)

高圧化した火山性流体のマッピングに成功

平成26年7月4日
独立行政法人 防災科学技術研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 独立行政法人防災科学技術研究所
地震・火山防災研究ユニットの武田
主任研究員は、仏ジョセフ・フーリエ大学
地球科学研究所・東京大学地震研究所
・仏パリ地球物理研究所の研究者らと共に、
2011 年東北地方太平洋沖地震
(マグニチュード 9.0)前後のデータの
解析によって、日本列島の高圧化した
火山性流体の場所をマッピングすることに
成功しました。
 
 また、今回導入した地震波速度感受性
指標(Seismic Velocity Susceptibility)
は、火山活動評価に利用できる可能性が
あります。
 
 本成果は 7 月 4 日(米国東部時間)
発行の米国科学雑誌サイエンス誌に掲載
されます。
---------------------------------------
 
 良さそうです。
 
>マグニチュード9クラスの巨大地震前後
>の期間を連続的に観測した世界初の
>データとして注目されています。
 
 このデータを生かさない手はないです
よね。
 
 今回の研究はその一つになります。
 
>この地震波速度感受性指標は、地下の
>火山性流体の圧力状態を反映している
>と考えられ、火山活動の評価に利用
>できる可能性があります。
 
 期待したいです。

|

« 薬剤耐性ウイルスを抑制 京大が化合物開発 | トップページ | 電動アシスト車いす「JWスウィング」発売のその後 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/60072730

この記事へのトラックバック一覧です: 高圧化した火山性流体のマッピングに成功:

« 薬剤耐性ウイルスを抑制 京大が化合物開発 | トップページ | 電動アシスト車いす「JWスウィング」発売のその後 »