« 乳がんのかくも長き休眠の仕組み解明 | トップページ | パラジウムの水素吸蔵量と速度を倍増 »

2014年7月22日 (火)

ビタミンE効率よく合成、有害な金属使わず 名古屋大

2014年7月18日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 血流改善などに作用するビタミンEを、
体に有害な金属を使わず効率よく作る
ための触媒を、名古屋大の石原一彰教授ら
が開発した。
 
 18日付の米科学誌サイエンスに
発表した。
 
 新しい触媒は、人体への影響が少ない
ヨウ素を使う。
 
 ビタミンEを人工的に合成するには、
現状では希少な金属を含む触媒を使う
必要があるという。
 
 新しい触媒を使えば、組成が同じで
鏡に映した関係にある無用な物質も
生まれない。
 
 反応時に炭酸カリウムを加えると、
触媒の量を最大20分の1に減らせる
ことも発見した。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 今後に期待しましょう。
 
 詳細リンク

|

« 乳がんのかくも長き休眠の仕組み解明 | トップページ | パラジウムの水素吸蔵量と速度を倍増 »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビタミンE効率よく合成、有害な金属使わず 名古屋大:

« 乳がんのかくも長き休眠の仕組み解明 | トップページ | パラジウムの水素吸蔵量と速度を倍増 »