« 室温で超電導実現の可能性 長崎総合科学大が理論計算 | トップページ | CEOの報酬が多いほど企業の業績は悪化する傾向 »

2014年7月 9日 (水)

理事会が学長を解任 不正麻酔問題の東京女子医大

2014年7月8日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 東京女子医大は7日、笠貫宏学長の解任
を理事会で決めたと発表した。
 
 小児患者への不正麻酔問題などで
吉岡俊正理事長らの対応を批判し、
退任を求めて学内を混乱させた責任を
問うたとされる。
 
 吉岡理事長が学長代行を兼務するという。
---------------------------------------
 
 どうも理解しがたい。これは改革ですか?
 
>学内を混乱させた責任を問うた
 ???
 
>学長は取材に「解任に正当性はない。
>隠蔽(いんぺい)体質と放漫経営を
>変えるため闘い続ける」と話している。
 応援したい。
 
 学長は事実を公開しただけでは?
 事実は変化しない。
 
 こんなことで改革が出来るので
しょうか?
 
 事実を正確に明らかにすることが第一
であり、再発防止に全力を尽くすのが
理事会の役目では?
 
 事実を隠したかったと言うことですか?
 
 関連記事です。
2014年7月9日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
 この記事を見ていると腹が立つ
---------------------------------------
 亡くなった2歳男児の両親が朝日新聞
の取材に応じ、涙ながらに無念の思いを
語った。
 
 体が動いて管が抜けないようにと、
麻酔科医がプロポフォールの点滴注入を
 始めた。
 
 耳鼻咽喉科の主治医は「安全な薬
なので心配しないでください」。
 
 翌日、母が体のむくみに気づく。
 
 主治医は薬剤の知識に乏しく無責任な
説明をしていた。
 
 3日目、心電図の異常が続き、尿も褐色
になる。
 
 プロポフォール注入症候群の兆候だった。
 
 だが、麻酔科医は使用禁止と知りながら
4日目も投与を続け、男児は血液の流れが
悪くなる急性循環不全で亡くなった。
 
 病院は5月末、医師の連携不足を認める
報告書を両親や厚生労働省に提出した。
 
 だが、男児以前の63人への不正投与
には触れず、6月の朝日新聞報道まで
公表しなかった。
 
 今月1日、両親は新たな報告書を
受け取ったが、父は「全く説明不足」。
 
 わが子ばかりか、12人もの子どもが
投与後に亡くなったのはなぜなのか。
 
 「多くの死は防げたのではないか。
 
 真相を明らかにしてほしい」と願う。
(伊藤和也)
---------------------------------------
 
 多くの疑問に東京女子医大は誠実に
応えるべきです。
 
 鹿児島市立病院も同様の処置を
していたようです。
 
 多分他の病院も同様なのかも
知れない。
 
 由々しき問題です。
 
 そもそもプロポフォールは、
>成人に使う場合も「通常7日を超えて
>投与しないこと」と薬剤の添付文書に
>明記されている。
>日本麻酔科学会の指針も、小児への
>長期大量投与は「禁忌」としている。
 
 麻酔医の勉強不足は明らかなのでは?
 
 東京女子医大の管理体制はどうなって
いるのでしょう?
 
 麻酔薬の使用基準はあるのか?
 
 疑問は幾らでも、出てくる。
 
 学長の解任どころではないはず。
 徹底的な組織改革が必要なはず。
 
>真相を明らかにしてほしい
 そうなるだろうか?
 
 疑問を感じてしまう。

|

« 室温で超電導実現の可能性 長崎総合科学大が理論計算 | トップページ | CEOの報酬が多いほど企業の業績は悪化する傾向 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59953380

この記事へのトラックバック一覧です: 理事会が学長を解任 不正麻酔問題の東京女子医大:

« 室温で超電導実現の可能性 長崎総合科学大が理論計算 | トップページ | CEOの報酬が多いほど企業の業績は悪化する傾向 »