« 悪性度高いがん幹細胞を作製 iPS応用、神戸大など | トップページ | 腸内細菌叢と免疫系との間に新たな双方向制御機構を発見 »

2014年7月14日 (月)

がれき撤去で飛散、コメ汚染 福島第一の20キロ先水田

2014年7月14日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東京電力福島第一原発で昨夏に実施した
大規模ながれき撤去作業で放射性物質が
飛散して、20キロ以上離れた福島県
南相馬市の水田を汚染した可能性を
農林水産省が指摘し、東電に防止策を
要請していたことが分かった。
 
 福島県は「他の要因は考えられず、
がれき撤去の可能性が限りなく高い」と
している。
 
 東電は要請を受けて撤去作業を凍結
してきたが、広範囲に飛散した可能性を
公表しないまま近く再開しようとして
いる。
 
 東電は3号機のがれき撤去を終えたが、
高線量のがれきが残る1号機は手つかず
で、建屋を覆ったカバーを近く解体する
方針だ。
 
 「最も早く作業が進む方法だが、
放出量は増える」とし、飛散防止剤の散布
を増やして対応するという。
 
 それでも天候や風向き次第でどこまで
飛散するかは不透明だ。
 
 村山武彦東工大教授(リスク管理論)は
「飛散の可能性を情報提供するのが大前提
だ」と指摘する。(青木美希)
---------------------------------------
 
>福島第一原発事故から2年以上たった
>昨年8月のがれき撤去作業で、住民が
>暮らす20キロ以上離れた地域まで
>放射性物質が飛散した可能性を知り
>ながら、国や東京電力は公表して
>こなかった。
 
>福島県南相馬市で昨秋に収穫された
>コメから基準超のセシウムが検出
>されたことを受け、農林水産省は
>今年2月、地元の農業関係者の会合
>で「現時点で原因は不明」と説明して
>いた。
 
>3月に東電に対してがれき撤去で飛散
>した可能性を指摘し、防止策を要請した
>後も地元には説明していない。
 
 どうしてこんな無責任なことが許される
のでしょうか?
 
 知っていながら汚染物質を拡散させて
責任も取らない。どういうこと?
 
 困っているのは南相馬市の農民。
 
 何年も待って、せっかく放射線量が
基準値以下になったと思ったら
又、基準値越えとなる。
 
 知っているはずの農水省に聞くと
原因は不明と言う。
 
 農民は立つ手が無い。
 怒り心頭だと思う。
 
 どうして国会議員は責任を東電に
追求しないのか?
 
 「同じ穴のむじな」だから?
 
 東電も、国も肝心なことを知って
いながら開示しない。
 
 一緒になって隠している。
 
 国とはこういうもの。
 都合の悪いことは隠す。
 
 なんとも情けない。
 
 自分さえ良ければ良いと言う人
ばかりの国になりつつあるのかな?
日本は。

|

« 悪性度高いがん幹細胞を作製 iPS応用、神戸大など | トップページ | 腸内細菌叢と免疫系との間に新たな双方向制御機構を発見 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59982778

この記事へのトラックバック一覧です: がれき撤去で飛散、コメ汚染 福島第一の20キロ先水田:

« 悪性度高いがん幹細胞を作製 iPS応用、神戸大など | トップページ | 腸内細菌叢と免疫系との間に新たな双方向制御機構を発見 »