« 中性の水から電子を取り出す「人工マンガン触媒」を開発 -水を電子源とした燃料製造に前進- | トップページ | NASA、炭素観測衛星を打ち上げ »

2014年7月 2日 (水)

東洋合成工業 高効率なDILI予測システム開発 日本初

2014年06月24日 化学工業日報
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東洋合成工業は、3次元細胞培養プレート
を用いて化学物質が肝臓に引き起こす障害
(薬物性肝障害:DILI)を予測する
システムを確立した。
 
 新鮮ヒト肝細胞を播種した3次元細胞培養
プレートとハイコンテントスクリーニングを
用いることで、米国の国家的な評価基準に
対応した予測を可能とした。
 
 細胞を予めプレートに撒いた状態で届ける
ことで、試験の準備にかかる手間を省き、
手作業による試験結果のばらつきを低減して
いる。
 
 研究開発の早期段階でのDILIの発見
に寄与する。
 
 DILI予測システムは日本では初めて
という。
 
 製薬企業や医薬品研究機関などを対象に
提案する。
---------------------------------------
 
 良さそうですね。
 
>研究開発の早期段階でのDILIの
>発見に寄与する。
 
 期待しましょう。

|

« 中性の水から電子を取り出す「人工マンガン触媒」を開発 -水を電子源とした燃料製造に前進- | トップページ | NASA、炭素観測衛星を打ち上げ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59915814

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋合成工業 高効率なDILI予測システム開発 日本初:

« 中性の水から電子を取り出す「人工マンガン触媒」を開発 -水を電子源とした燃料製造に前進- | トップページ | NASA、炭素観測衛星を打ち上げ »