« 吉田調書など開示求め提訴へ 東電株主訴訟の原告ら | トップページ | 微生物酵素で燃料電池向け触媒 発電力、白金の1.8倍 九大 »

2014年6月 5日 (木)

横浜国大、細胞シートを短時間で回収する技術開発-電気化学細胞脱離法を応用

2014年05月28日 日刊工業新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 横浜国立大学大学院工学研究院の
福田淳二准教授は、電圧を与えて金薄膜
から細胞を剥がす手法を応用し、細胞シート
を5―10分という短時間で回収する技術を
開発した。
 
 ヒト線維芽細胞シートでの実験で、回収
した細胞シートを4、5枚重ねて
200マイクロメートル程度の厚みのある
細胞シートを作製できた。
 
 細胞シートは培養皿などに接着させ
ながら育てるため、構造を壊さずに回収
する技術が重要となる。
 
 福田准教授は、電極となる金薄膜の上
で細胞を培養し、電圧によって金薄膜から
細胞を切り離す「電気化学細胞脱離法」
を細胞シートの回収に応用した。
---------------------------------------
 
>細胞シートを5―10分という短時間
>で回収する技術。
 
 良いですね。
 
 再生医療進歩してきました。
 
 その中でも、細胞シートの作成はベース
となる技術ですね。
 

|

« 吉田調書など開示求め提訴へ 東電株主訴訟の原告ら | トップページ | 微生物酵素で燃料電池向け触媒 発電力、白金の1.8倍 九大 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59763703

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜国大、細胞シートを短時間で回収する技術開発-電気化学細胞脱離法を応用:

« 吉田調書など開示求め提訴へ 東電株主訴訟の原告ら | トップページ | 微生物酵素で燃料電池向け触媒 発電力、白金の1.8倍 九大 »