« わかったぞ、単純ヘルペス感染の仕組み | トップページ | 吉田調書など開示求め提訴へ 東電株主訴訟の原告ら »

2014年6月 4日 (水)

レーザー照射で「歯が再生」、米研究で幹細胞から象牙質形成

2014年 06月 2日 REUTERS
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 - 低出力のレーザーを利用して歯を再生
させる研究が米国で進められている。
 
 レーザーの光を照射し、幹細胞の働きを
促すこの手法は、歯科学の領域を超え、
再生医療の分野において大きな期待が
見込める可能性があるという。
 
 研究者らは、ラットとマウスを使って
ヒト細胞で実験を行い、低出力レーザーを
歯の幹細胞に照射、象牙質の形成を促した。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 レーザーの光を照射すると言う話しは
聞いたことがなかったような?
 
>米ハーバード大学の生物工学専門、
>デビッド・ムーニー教授も
>「(詰め物などで)歯を補うのではなく、
>再生できるとすれば、この分野で大きな
>進歩となるだろう」と語った。
 そうなって欲しい。
 
 早く臨床まで進んで貰いたい。

|

« わかったぞ、単純ヘルペス感染の仕組み | トップページ | 吉田調書など開示求め提訴へ 東電株主訴訟の原告ら »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59758501

この記事へのトラックバック一覧です: レーザー照射で「歯が再生」、米研究で幹細胞から象牙質形成:

« わかったぞ、単純ヘルペス感染の仕組み | トップページ | 吉田調書など開示求め提訴へ 東電株主訴訟の原告ら »