« 微生物酵素で燃料電池向け触媒 発電力、白金の1.8倍 九大 | トップページ | アルツハイマー病抑えるタンパク質発見 »

2014年6月 7日 (土)

東大生研と日立が共同で研究開発した超高速データベースエンジンが従来型データベースエンジン比で約1000倍の処理性能を達成

平成26年6月4日
国立大学法人東京大学
株式会社日立製作所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 1000倍とはすごい。
 次元が違うと言って良い。
 
 これでさらにビッグデータの利活用が
進みますね。

|

« 微生物酵素で燃料電池向け触媒 発電力、白金の1.8倍 九大 | トップページ | アルツハイマー病抑えるタンパク質発見 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59775086

この記事へのトラックバック一覧です: 東大生研と日立が共同で研究開発した超高速データベースエンジンが従来型データベースエンジン比で約1000倍の処理性能を達成:

« 微生物酵素で燃料電池向け触媒 発電力、白金の1.8倍 九大 | トップページ | アルツハイマー病抑えるタンパク質発見 »