« 物言わぬ石の地磁気で津波史ひもとく | トップページ | 「自分で漕げる、行ける、できる」喜びを届ける 当社初の電動アシスト車いす「JWスウィング」新発売 »

2014年6月 1日 (日)

資生堂と花王、皮膚感作性試験(動物実験)代替法「h‐CLAT」で日化協第46回技術賞を受賞

2014.05.29 週間粧業
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 資生堂と花王は、実験動物を用いること
なく、ヒト由来の細胞株を用いて化学物質
のアレルギー性を、正確、迅速かつ
低コストで調べることができる皮膚感作性
試験代替法
「h‐CLAT(エイチ・クラット)」
(human Cell Line Activation Test)で、
地球の未来を支える日本の化学技術表彰
制度である第46回「日化協
(一般社団法人日本化学工業協会)技術賞」
の「技術特別賞」を受賞した。
 
 動物愛護の観点から、化粧品開発での
動物実験に対する厳しい見方が世界的に
広まる中、化学物質の安全性評価は
必然・必須であるうえに、コストや時間
を効率化できる実験動物を用いない
代替試験法は、時代の要請でもあること
から、資生堂と花王は、それぞれ独自に
皮膚感作性試験代替法の研究を進めていた。
 
 ほぼ同時期に、ヒト単球細胞株のひとつ
である「THP‐1細胞」が、
アレルギー物質と接触すると、T細胞に
アレルギー物質の存在を提示する
タンパク質の「CD86」と「CD54」を
増やすことを発見し、「THP‐1細胞」
が皮膚感作性試験代替法に用いることが
できることを見出したことを契機に、
2003年1月以降、両社は共同で研究
を進め、従来の国際標準である
LLNAと同等の精度で感作性を予測
できる「h‐CLAT」の開発に成功
した。
---------------------------------------
 
 素晴らしい成果ですね。
 
>実験動物を用いることなく、ヒト由来の
>細胞株を用いて化学物質のアレルギー性
>を、正確、迅速かつ低コストで調べる
>ことができる皮膚感作性試験代替法
 が開発されました。
 
 良さそうです。
 
 今後に大いに期待したい。

|

« 物言わぬ石の地磁気で津波史ひもとく | トップページ | 「自分で漕げる、行ける、できる」喜びを届ける 当社初の電動アシスト車いす「JWスウィング」新発売 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59741995

この記事へのトラックバック一覧です: 資生堂と花王、皮膚感作性試験(動物実験)代替法「h‐CLAT」で日化協第46回技術賞を受賞:

« 物言わぬ石の地磁気で津波史ひもとく | トップページ | 「自分で漕げる、行ける、できる」喜びを届ける 当社初の電動アシスト車いす「JWスウィング」新発売 »