« 4クォーク荷電粒子発見は正しかった | トップページ | ニプロ、脳梗塞治療の細胞製剤 18年にも生産 »

2014年5月 1日 (木)

ブタ組織を移植、ヒトの筋肉再生 米大学など成功

2014年5月1日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 事故やけがで足の筋肉の大半を失った
患者に、ブタの組織を移植して筋肉を再生
させることに成功した、と
米ピッツバーグ大などが30日付の
米医学誌サイエンス・トランスレーショナル
・メディシンに発表した。
---------------------------------------
 
>研究チームは、ブタの膀胱(ぼうこう)
>細胞の周りにあるたんぱく質複合体
>「細胞外マトリックス(ECM)」を
>移植した。
 とのことです。
 
>これまでにも、指先が切断された傷口
>にECMの粉をふりかけ、数週間後に
>指や爪が再生したと明らかにしている。
>スティーブン・バディラック教授は
>「ECMは様々な再生医療に応用できる
>だろう」と話している。
 
 細胞外マトリックスね~
>ECMにはコラーゲンなどが含まれて
>おり、幹細胞を呼び寄せたり、組織を
>再生したりする働きがあると考えられ
>ている。
 
 再生医療は、幹細胞から分化させる方法
だけでなく、こういう方法もあるんですね。
 
 筋肉細胞に分化させて移植するより
現実的かも知れません。
 
 期待したい。

|

« 4クォーク荷電粒子発見は正しかった | トップページ | ニプロ、脳梗塞治療の細胞製剤 18年にも生産 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59564408

この記事へのトラックバック一覧です: ブタ組織を移植、ヒトの筋肉再生 米大学など成功:

« 4クォーク荷電粒子発見は正しかった | トップページ | ニプロ、脳梗塞治療の細胞製剤 18年にも生産 »