« 受精卵が分裂始める詳しい仕組み解明 | トップページ | 記者の目:STAP細胞問題/下=須田桃子(東京科学環境部) »

2014年5月 8日 (木)

がん細胞転移の仕組み解析 名大グループ

2014/5/2 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 名古屋大大学院の高橋雅英医学系
研究科長(腫瘍病理学)と加藤琢哉特任
助教(同)のグループは2日までに、
がん細胞の集団が別の組織へ入り、がんが
広がったり転移したりしていく際の詳細な
仕組みを解析したと、米科学誌電子版に
発表した。
 
 グループは皮膚がんや口腔(こうくう)
がん、子宮頸(けい)がんなどにみられる
ヒトの扁平(へんぺい)上皮がんを使用。
 
 がん細胞の集団を表面の「先導細胞」と
内部の「後続細胞」に分類して調べた。
 
 その結果、先導細胞では細胞の動きに
関わるタンパク質「インテグリンベータ1」
が強く発現することが判明。
 
 このタンパク質の阻害剤を加えて
がん細胞を培養すると、周辺の組織への
移動がみられなくなった。
 
 遺伝子操作により、結合される物質を
抑えたがん細胞を作製し、マウスの舌に
移植して実験すると、リンパ節への
転移率が通常の75%から10~20%程度
まで抑制された。
 
 がんの転移では、細胞が個別に分離して
移動するケースの研究が中心になっている
という。
 
 高橋研究科長は「集団移動のケースの方
を研究の真正面に掲げ、仕組みの解明に
努めなければいけない」と話している。
〔共同〕
---------------------------------------
 
 なるほど。
 
>がんの転移では、細胞が個別に分離して
>移動するケースの研究が中心になって
>いる
 そうですね。
 
 この研究はその盲点をついているかも
知れません。
 
 いろいろな角度からの研究が必要
ですね。
 
 進展に期待しています。
 
 詳細は下記リンクを、
2014/5/2 名古屋大学プレスリリース

|

« 受精卵が分裂始める詳しい仕組み解明 | トップページ | 記者の目:STAP細胞問題/下=須田桃子(東京科学環境部) »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59607327

この記事へのトラックバック一覧です: がん細胞転移の仕組み解析 名大グループ:

« 受精卵が分裂始める詳しい仕組み解明 | トップページ | 記者の目:STAP細胞問題/下=須田桃子(東京科学環境部) »