« (がん新時代:63)大腸がん「のんで」発見 カプセル内視鏡、今年から保険適用 | トップページ | トヨタ、新素材でパワー半導体 燃費改善効果10%目指す »

2014年5月21日 (水)

原子炉危機、周知に壁 福島第一、ドライベント準備

2014年5月21日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 住民が知らないうちに大量被曝の恐れ
のあるドライベントが実施されていたかも
しれない――。
 
 東京電力福島第一原発で事故直後に実際
に起きたことは、原発再稼働の前提となる
住民の避難計画づくりの重要な教訓となる
はずだ。
 
■圧力上昇、公表を規制
 保安院、福島県の意向拒否
 
 福島県も住民へ周知するため報道発表を
したいと要請していたが、保安院は
「絶対にだめだ」と返事をした。
---------------------------------------
 
 吉田調書からいろいろなことが見えて
来ます。
 
 政府の行動は、住民の安全を真剣に
考えているとは思えない。
 
>原子炉の状況が自治体や住民に的確に
>伝わらないなかで、住民が安全に避難
>することは難しい。
 
>企業統治に詳しい久保利英明弁護士は
>「ドライベントのような重大な決断は
>検討段階から住民に知らされるべきだ。
 
>深刻な事態では、企業は住民に対する
>安全保護義務を負っている。
 
>3年以上たっても東電も国も責任を明確
>にしない中で再稼働の議論には入れない」
>と語った。(木村英昭、関根慎一)
 
 当然だと思うが、実態の動きは逆だ。
 
 国民は良く考えて貰いたい。
 
 こんなことで、国民の安全が本当に
守れるのかどうか?
 
 国民が混乱するとか、パニックが生じる
とか言うのは言い訳にすぎないと思う。

|

« (がん新時代:63)大腸がん「のんで」発見 カプセル内視鏡、今年から保険適用 | トップページ | トヨタ、新素材でパワー半導体 燃費改善効果10%目指す »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59679871

この記事へのトラックバック一覧です: 原子炉危機、周知に壁 福島第一、ドライベント準備:

« (がん新時代:63)大腸がん「のんで」発見 カプセル内視鏡、今年から保険適用 | トップページ | トヨタ、新素材でパワー半導体 燃費改善効果10%目指す »