« がん細胞転移の仕組み解析 名大グループ | トップページ | 非食用原料のセルロース系バイオプラスチックの製造エネルギーを1/10に削減し、利用展開を促進 »

2014年5月 9日 (金)

記者の目:STAP細胞問題/下=須田桃子(東京科学環境部)

2014年05月09日 毎日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 理研が誠実な研究者集団ならば、
うやむやにせず、冷静な科学の目で自ら
真実を明らかにしてほしい、と心から願う。
 
 それは、STAP細胞に大きな期待を
寄せた社会や、地道な実験に日夜励む、
不正とは無縁の研究者に対する責務でも
あるはずだ。
---------------------------------------
 
 同感です。
 
 一般の国民にとっては、特にSTAP細胞の
存在に大きな期待を寄せた人達にとっては、
不正だとか、捏造などの認定など、なんの
意味も持たないと、私は思う。
 
 大切なのは何故こんな中途半端な論文を
その責任も曖昧にしたまま、提出すること
になってしまったのか?
 
 各著者間のコミュニケーションも含めて
全容を解明し公開して欲しい、
 
 小保方さんを解雇するのなら責任著者
も同様でなくてはいけないと思う。
 
 全くおかしい。理研は組織の体をなして
いない。
 
 真実を明らかにして貰いたい。
 
 (提出していた特許は取り消した
 のでしょうね。
 
 存在もしないもの、あるいは、存在
 があいまいなものは特許として
 認められないはず。
 
 今回の認定は理研にとって何の益も
 ないと思います。
 
 これで国際的な評価が回復出来るので
 しょうか?
 
 とてもそうなるとは思えない。
 
 唯一のやり方は上記記事にあるように
 真実を公開するのみでは?
 
 特許を提出しているのだから、存在は
 確実に信じていたはず。
 
 それがひっくり返った真実を公開して
 ください。どこがどう悪かったのか?
 科学的に!)

|

« がん細胞転移の仕組み解析 名大グループ | トップページ | 非食用原料のセルロース系バイオプラスチックの製造エネルギーを1/10に削減し、利用展開を促進 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59611679

この記事へのトラックバック一覧です: 記者の目:STAP細胞問題/下=須田桃子(東京科学環境部):

« がん細胞転移の仕組み解析 名大グループ | トップページ | 非食用原料のセルロース系バイオプラスチックの製造エネルギーを1/10に削減し、利用展開を促進 »