« 人工関節、耐久性30年以上に ナカシマメディカルが素材開発 | トップページ | 有機薄膜トランジスタを室温印刷で形成 ―高温に頼らないプリント技術を確立― »

2014年5月18日 (日)

緑茶に認知症予防効果か 金沢大が統計調査

2014/5/15 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 金沢大医薬保健研究域医学系の山田正仁
教授(神経内科学)の研究グループは15日、
60歳以上の男女490人を対象に認知症の
発症率を調べ、緑茶を毎日飲む習慣がある
人の発症率が、飲まない人に比べて
3分の1程度だったと米科学誌電子版に
発表した。
 
 金沢大によると、コーヒーや紅茶に
ついても調べたが、飲用習慣の有無に
よる発症率の違いは見いだせなかった。
 
 山田教授は「緑茶に含まれるカテキン
やミリセチンといったポリフェノール類に
予防効果がある可能性がある。
 
 これらの成分の効果が解明できれば、
認知症の安全な予防法の開発が期待できる」
と話している。
---------------------------------------
 
 緑茶が認知症予防に効果ね~
 
 いろいろありますね。
 
 参考情報です。

|

« 人工関節、耐久性30年以上に ナカシマメディカルが素材開発 | トップページ | 有機薄膜トランジスタを室温印刷で形成 ―高温に頼らないプリント技術を確立― »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑茶に認知症予防効果か 金沢大が統計調査:

« 人工関節、耐久性30年以上に ナカシマメディカルが素材開発 | トップページ | 有機薄膜トランジスタを室温印刷で形成 ―高温に頼らないプリント技術を確立― »