« 「STAP細胞問題」から何を学ぶべきか | トップページ | 手のひらに乗るカラー暗視カメラ実現 »

2014年5月16日 (金)

生体組織のダメージを反映する新しいバイオマーカーの発見

2014年5月16日 東北大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東北大学大学院医工学研究科(医学系
研究科 病態液性制御学分野 兼務)の
阿部高明(あべ たかあき)教授らは、
薬学研究科の富岡佳久教授らの
研究グループ、静岡県立大学の伊藤邦彦
教授らの研究グループとともに、生体内の
転移RNAとよばれる分子が、酸化ストレス
によって細胞がダメージをうけた時、構造
が変化すること、そしてその転移RNAの
変化を検知することが細胞や組織の
ダメージ、さらには一般住民の予後を反映
する新しいバイオマーカー(身体の状態を
知るうえで定量的な指標となる物質)と
なることを発見しました。
 
 
---------------------------------------
 
 新しいタイプのバイオマーカーの発見
です。
 
 素晴らしいですね。
 
>今回の研究成果は、酸化ストレスによる
>生体内の臓器の組織障害を早期に検知
>する新しい方法を見つけた発見であり、
>今後様々な病気の早期発見や治療効果の
>判別などに貢献することが期待され
>ます。
 
 期待したい。

|

« 「STAP細胞問題」から何を学ぶべきか | トップページ | 手のひらに乗るカラー暗視カメラ実現 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59653037

この記事へのトラックバック一覧です: 生体組織のダメージを反映する新しいバイオマーカーの発見:

« 「STAP細胞問題」から何を学ぶべきか | トップページ | 手のひらに乗るカラー暗視カメラ実現 »