« 原子炉危機、周知に壁 福島第一、ドライベント準備 | トップページ | 世界最高峰の疲労耐久性を有する新合金を用いたビル用制振ダンパーを開発「JPタワー名古屋」に初適用 »

2014年5月21日 (水)

トヨタ、新素材でパワー半導体 燃費改善効果10%目指す

2014年5月21日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 トヨタ自動車は20日、ハイブリッド車
(HV)などに搭載する次世代型の
パワー半導体を開発したと発表した。
 
 電力効率が高い新素材で最大10%の
燃費改善効果があるといい、2020年
ごろの実用化を目指す。
 
 新パワー半導体は、シリコンカーバイド
(SiC)と呼ばれる素材からなり、
HVの基幹部品のひとつ、モーターの駆動
を電気制御するパワーコントロールユニット
(PCU)に使われる。
 
 現行のパワー半導体に多く使われる
シリコンよりも無駄になる熱が発生しに
くく、電力損失が抑えられるため、
省エネ性能を高める素材として注目されて
いる。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 これで益々燃費が良くなる。
 
 こういう技術開発競争は歓迎です。

|

« 原子炉危機、周知に壁 福島第一、ドライベント準備 | トップページ | 世界最高峰の疲労耐久性を有する新合金を用いたビル用制振ダンパーを開発「JPタワー名古屋」に初適用 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59679904

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ、新素材でパワー半導体 燃費改善効果10%目指す:

« 原子炉危機、周知に壁 福島第一、ドライベント準備 | トップページ | 世界最高峰の疲労耐久性を有する新合金を用いたビル用制振ダンパーを開発「JPタワー名古屋」に初適用 »