« 網膜変性をコーヒー成分が予防 マウスで確認 | トップページ | (がん新時代:63)大腸がん「のんで」発見 カプセル内視鏡、今年から保険適用 »

2014年5月20日 (火)

所長命令に違反、原発撤退 福島第一、所員の9割 政府事故調の「吉田調書」入手

2014年5月20日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 東京電力福島第一原発所長で事故対応の
責任者だった吉田昌郎(まさお)氏
(2013年死去)が、政府事故調査・
検証委員会の調べに答えた「聴取結果書」
(吉田調書)を朝日新聞は入手した。
 
 それによると、東日本大震災4日後の
11年3月15日朝、第一原発にいた所員
の9割にあたる約650人が吉田氏の
待機命令に違反し、10キロ南の
福島第二原発へ撤退していた。
 
 その後、放射線量は急上昇しており、
事故対応が不十分になった可能性がある。
 
 東電はこの命令違反による現場離脱を
3年以上伏せてきた。
 
 
■全資料、公表すべきだ
 事故対応を検証し、今後の安全対策に
いかす一級の歴史的資料だ。
 
 ところが、政府事故調は報告書に一部を
紹介するだけで、多くの重要な事実を公表
しなかった。
 
 中でも重要な「9割の所員が待機命令に
違反して撤退した」という事実も
伏せられた。
---------------------------------------
 
 どうしてでしょうか?
 
 何故伏せる必要があるのでしょう?
 
 真摯に反省し、二度と起こさないために、
又、再度起こった時にどう言うことが起き、
どう対処すべきだったのかを知るための
一級の資料のはず。
 
 しかも、政府も、
>政府事故調は報告書に一部を紹介する
>だけで、多くの重要な事実を公表
>しなかった。
 
 これでは、何のための事故調査なのか
本当に反省しなくてはいけないことが
おろそかになっているのではないかと
疑いたくなる。
 
 関連記事です。
2014年5月20 朝日新聞デジタル
 
 有料記事です。
 
 この記事で、東電はあたかも適正な
手続きで第二原発へ撤退したという
ような見解を出しているが、事実は、
 
>吉田氏が最終的に「すぐに現場に戻れる
>第一原発構内へ一時退避して待機する」
>よう命じたことを、東電は報告書に記さ
>なかった。
 
>幹部社員を含む所員9割の「命令違反」
>の事実は葬られたのだ。
 
 と言っています。
 
 酷い話です。
 
>現実を直視した議論はほとんど行われて
>いない。
>自治体は何を信用して避難計画を作れば
>良いのか。
>その問いに答えを出さないまま、原発を
>再稼働して良いはずはない。
>(木村英昭)
 
 そう思います。
 
 管理、監督すべき人達の無責任さには
いつもあきれてしまう。
 
 要するに日本は三流国です。
 
 真摯な反省が出来ない、よって正しい
改革が出来ない。

|

« 網膜変性をコーヒー成分が予防 マウスで確認 | トップページ | (がん新時代:63)大腸がん「のんで」発見 カプセル内視鏡、今年から保険適用 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59675614

この記事へのトラックバック一覧です: 所長命令に違反、原発撤退 福島第一、所員の9割 政府事故調の「吉田調書」入手:

« 網膜変性をコーヒー成分が予防 マウスで確認 | トップページ | (がん新時代:63)大腸がん「のんで」発見 カプセル内視鏡、今年から保険適用 »