« 手のひらに乗るカラー暗視カメラ実現 | トップページ | 人工関節、耐久性30年以上に ナカシマメディカルが素材開発 »

2014年5月16日 (金)

脊髄損傷に新治療法 京大、ネズミで細胞再生

2014/5/15 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 京都大学の武井義則特定助教らは、
下半身がまひ状態となる脊髄損傷で、体内
で神経細胞を再生して治療する新手法を
開発した。
 
 脊髄を傷つけたネズミで実験したところ、
通常は後ろ脚を引きずる状態になるところ
が、ほぼ自然な歩行ができるようになった。
 
 今後、より大きな動物で効果を調べて
実用化を目指す。
 
 成果は15日付の英科学誌
サイエンティフィック・リポーツに
掲載された。
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
 脊髄損傷に対する治療はiPS細胞など
から神経細胞を誘導して移植する再生医療
しかないと思っていましたが、自身の
幹細胞をうまく利用することで、治療が
可能となるということですね。
 
 大いに期待したい。
 この方法の法が安全性が高そうです。
 
>武井特定助教らは、神経細胞の元となる
>「神経幹細胞」が脊髄を損傷した場合、
>周辺に集まることに注目。
>損傷時は、神経幹細胞が「グリア細胞」
>という別の細胞になるが、強制的に
>神経細胞に成長させれば、神経回路を
>回復して治療効果が出るとみて研究を
>進めた。
 
 大いに期待したい。
 
詳細リンクです。
2014年5月16日 京都大学 研究 お知らせ

|

« 手のひらに乗るカラー暗視カメラ実現 | トップページ | 人工関節、耐久性30年以上に ナカシマメディカルが素材開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59653177

この記事へのトラックバック一覧です: 脊髄損傷に新治療法 京大、ネズミで細胞再生:

« 手のひらに乗るカラー暗視カメラ実現 | トップページ | 人工関節、耐久性30年以上に ナカシマメディカルが素材開発 »