« 脂肪に含まれる多分化能細胞「ASC」には心臓細胞再生の可能性がある | トップページ | 所長命令に違反、原発撤退 福島第一、所員の9割 政府事故調の「吉田調書」入手 »

2014年5月19日 (月)

網膜変性をコーヒー成分が予防 マウスで確認

2014/05/08 マイナビニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 コーネル大学のリー教授はコーヒー
抽出物に含まれるクロロゲン酸が、網膜の
変成を予防することをマウス網膜細胞と
マウスで明らかにした。
 
 マウス網膜細胞を低酸素下で培養すると
壊死にいたる。
 
 クロロゲン酸を混合して培養すると
その減少は抑制された。
 
 また、マウスの視神経を遮断すると、
視細胞は細胞死するが、クロロゲン酸と
コーヒー抽出物を前もって与えておくと
その細胞死は抑制された。
 
 JPHC Study(国立がんセンターで行われ
ているコホート研究)ではコーヒーには、
糖尿病リスクを下げるような効果がある
ことが示されている。
 
 
結論
 クロロゲン酸あるいはコーヒー抽出物
は網膜変性の予防に新しい利点をもたらす
可能性が示唆された。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 コーヒーには健康に良いと言う報告が
いろいろあるようですので、 ハッキリ
した効果が証明されると良いのですが、

|

« 脂肪に含まれる多分化能細胞「ASC」には心臓細胞再生の可能性がある | トップページ | 所長命令に違反、原発撤退 福島第一、所員の9割 政府事故調の「吉田調書」入手 »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 網膜変性をコーヒー成分が予防 マウスで確認:

« 脂肪に含まれる多分化能細胞「ASC」には心臓細胞再生の可能性がある | トップページ | 所長命令に違反、原発撤退 福島第一、所員の9割 政府事故調の「吉田調書」入手 »