« 脊髄損傷に新治療法 京大、ネズミで細胞再生 | トップページ | 緑茶に認知症予防効果か 金沢大が統計調査 »

2014年5月18日 (日)

人工関節、耐久性30年以上に ナカシマメディカルが素材開発

2014/5/12 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 人工関節メーカーのナカシマメディカル
(岡山市)は、人工関節の耐久性を従来の
1.5倍の30年以上に延ばす素材を開発した。
 
 樹脂にナノテクノロジー(超微細技術)
素材のカーボンナノチューブ
(筒状炭素分子)を混ぜた。
 
 人工関節が摩耗したり割れたりする劣化
が起こりにくくなった。
 
 マウスなどで安全性を確かめ、2年後を
めどに臨床試験(治験)を始めたい考えだ。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 耐久性が30年以上あれば、一度の手術で
良いことに出来るかも知れません。
 
 早く治験を終了して、製品化して
貰いたい。

|

« 脊髄損傷に新治療法 京大、ネズミで細胞再生 | トップページ | 緑茶に認知症予防効果か 金沢大が統計調査 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59662719

この記事へのトラックバック一覧です: 人工関節、耐久性30年以上に ナカシマメディカルが素材開発:

« 脊髄損傷に新治療法 京大、ネズミで細胞再生 | トップページ | 緑茶に認知症予防効果か 金沢大が統計調査 »