« タバコでタンパク質作る新技術開発 | トップページ | (私の視点)高齢者施設医療 診療報酬の改定、再考を 大蔵暢 »

2014年4月15日 (火)

「STAP細胞ある」…米ハーバード大教授

2014年4月15日 読売新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
京都の講演で バカンティ教授言及
 
 STAP細胞の論文問題について、
責任著者の一人である米ハーバード大の
チャールズ・バカンティ教授が15日、
京都市で開かれた気管支関連の国際会議
で基調講演した。
 
 参加者によると、教授は「STAP細胞
はある」と強調したという。
 
 講演のテーマは「再生医療と幹細胞」。
 
 参加者によると、バカンティ教授は、
論文の画像が理化学研究所の調査委員会に
不正と認定されたことについて、写真や
図表を示しながら反論。
 
 「2か国の三つの研究機関にまたがる中
で起きた単純な間違いで、悪意のあるもの
ではなく、結論には影響しない」などと
話したという。
 
 また、一連の研究には、論文の筆頭著者
である理研の小保方晴子ユニットリーダー
と、自らの研究室に所属する小島宏司医師
の貢献が大きかったとした。
 
 そのうえで、小保方氏に「(大学のある)
ボストンに戻って来て」と呼びかける
スライドを示したという。
---------------------------------------
 
 本当に信じて良いのかな?
 
 ずいぶん極端な意見になると思うが、
本当に研究者として働ける場が与えられる
のであれば、ボストンに行くべきだと思う。
 
 こんなに非論理的な理研にしがみつく
ことはない。
 
 正しい判断を理研がしたとは思えない。
 
 確かに理研には優秀な研究者達がいる
はずだけれど、今のままでは研究の再開
が可能になることはまずあり得ない。
 
 正しく評価してくれる人の元で研究する
のが良いと思うし、何より人の為の研究
であるはずなのだから、どこでも良い。
 
 理研が理研の判断で自ら切ったのだし、
 特許までだしておいて研究不正とは
良く理解できない。
 特許も取り消したのかな?
 特許は別? どうなった?
 報道はこういう所もきちんとフォロー
しないといけない。
 
 是非、少しでも早く、STAP細胞で
人を救って欲しい。
 
 その研究を進めて欲しい。
 
 その過程で誰もが納得する論文をまとめ
上げれば良い。論文は目的ではないはず。
 
 論文は目的への一過程。
 
 人を一日も早く救えるようにすること
が目的のはず。
 
 存在するの、無いのと言っている時間は
無い。臨床の場に降りてくるには多くの
時間がかかる。

|

« タバコでタンパク質作る新技術開発 | トップページ | (私の視点)高齢者施設医療 診療報酬の改定、再考を 大蔵暢 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59474318

この記事へのトラックバック一覧です: 「STAP細胞ある」…米ハーバード大教授:

« タバコでタンパク質作る新技術開発 | トップページ | (私の視点)高齢者施設医療 診療報酬の改定、再考を 大蔵暢 »