« タイでタピオカからバイオ燃料製造へ | トップページ | 次世代型アルツハイマー病モデルマウスの開発に成功 »

2014年4月26日 (土)

東電、再び動いた新電力潰し

2014年4月24日 日経ビジネスオンライン
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
全文を見る為には会員登録が必要です。
 
---------------------------------------
 スマートメーター(次世代電力計)を
巡り、東京電力と新電力(特定規模電気
事業者)の対立が再び先鋭化している。
 
 東電が新電力に対する電力使用量データ
の提供を、「1日4回(6時間に1回)」に
とどめると主張していることが、本誌の
取材で明らかになった。
 
 スマートメータは2016年に予定される
電力小売りの完全自由化後は、新電力が
顧客情報を得るための要の機器になる。
 
 では、メーターで30分おきに検針する
データをなぜ6時間に1回しか提供できない
のか。
 
 東電の言い分はこうだ。
 
 東電の販売地域には一般家庭向けの
電力計が2700万台あり、合わせると膨大な
データ量となる。
 
 これを30分おきに提供するには通信網
などへの追加投資が必要なため、今は
6時間おきが限界だというのだ。
 
 だが、資源エネルギー庁電力・ガス
事業部で電力市場整備を担当する日高圭悟
・課長補佐は「スマートフォンで大量の
情報が送受信される時代に30分ごとの
データ送信ができないとは考えにくい」と
指摘する。
---------------------------------------
 
 東電は酷い会社ですね。
 
 見え見えの新電力潰しです。
 
 政府はいつまでこんなことを許して
おくのでしょう?
 
 こんな事では、電力小売りの自由化は
なかなか進みそうも無い。
 
 そもそも未だに「総括原価方式」など
ということを電力会社に認めているの
だから、政治は何をしているのかと言い
たい。

|

« タイでタピオカからバイオ燃料製造へ | トップページ | 次世代型アルツハイマー病モデルマウスの開発に成功 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59533275

この記事へのトラックバック一覧です: 東電、再び動いた新電力潰し:

« タイでタピオカからバイオ燃料製造へ | トップページ | 次世代型アルツハイマー病モデルマウスの開発に成功 »