« 虫垂は無用の長物にあらず、免疫に重要 | トップページ | 「STAP細胞ある」…米ハーバード大教授 »

2014年4月15日 (火)

タバコでタンパク質作る新技術開発

2014年04月11日
サイエンスポータル科学ニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 タンパク質の大量生産は研究や産業に
欠かせない。
 
 従来の遺伝子組み換え法では作るのが
難しかったタンパク質を大量生産する
新技術の開発に、北陸先端科学技術大学院
大学の大木進野(おおき しんや)教授と
石川県立大学の森正之(もり まさし)准教授
らが成功した。
 
 大腸菌や酵母ではなく、タバコの培養
細胞に遺伝子を取り込ませる方法で、
生理活性を保ったままのタンパク質を
作れるなど、優れた特長を持つ。
 
 この方法で生産したペプチドの一種が
顕花植物の初期胚形成を制御していること
を、英ワーリック大学のグティエレス
マルコス教授らと共同で解明し、4月11日
発行の米科学誌サイエンスに発表した。
 
 研究グループは、タンパク質の設計図
となる遺伝子をウイルスベクターで、
タバコの培養細胞に導入して、目的の
タンパク質を大量に作れるようにした。
 
 従来の大腸菌などを使う方法では、
リン酸や糖鎖が付いたり、ジスルフィド
(-S-S-)結合を持っていたりする複雑な
タンパク質は生産が難しかった。
 
 今回の新技術を使えば、これら生産
しにくいタンパク質も大量に作れた。
 
 特許も出願した。
 
 外部関連リンク
---------------------------------------
 
>大腸菌よりも植物細胞は高等
 なんだそうです。
 
 そうは思っていなかったので、意外に
感じます。
 
>この新技術で、より多くのタンパク質の
>立体構造と生理活性の研究が加速する
>だろう。
>生産を大規模にするのが容易なので、
>農薬や新薬の開発など産業に応用する
>研究も進めていきたい
 
 期待したい。

|

« 虫垂は無用の長物にあらず、免疫に重要 | トップページ | 「STAP細胞ある」…米ハーバード大教授 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59473050

この記事へのトラックバック一覧です: タバコでタンパク質作る新技術開発:

« 虫垂は無用の長物にあらず、免疫に重要 | トップページ | 「STAP細胞ある」…米ハーバード大教授 »