« 社員の「うつ」、血液で見抜く 早期発見へ | トップページ | 原料は植物! 鋼鉄より強い“万能素材”誕生! »

2014年4月13日 (日)

米海軍が海水を燃料に変える新技術開発に取り組む

2014年04月11日 slashdot
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 米国海軍研究試験所(Naval Research
Laboratory: NRL)の材料科学技術部が
「海水を燃料に変える」という、まるで
小説のような技術の開発に取り組んでいる
という。
 
 この技術は、海水から二酸化炭素(CO2)
と水素(H2)ガスを抽出する技術をベース
に開発されているそうだ(米国海軍研究
試験所、IBT、slashdot)。
 
 この技術では、まず海水電解によって
CO2とH2を集め、その後、触媒を介した
「ガス・ツー・リキッドプロセス」なる
処理によって水素と炭素を含む液体の
有機化合物を精製するという。
 
 研究チームは2ストローク内燃エンジン
を搭載したP-51戦闘機の模型を使って実験
を行っているそうで、すでに精製された
燃料でテスト機が飛行しているという。
 
 NRLの研究化学者Heather Willauer博士
は「商品化できる可能性が出てきたのは
今回が初めてだ」としている。
 
 なお、精製に必要なコストは1ガロン
当たり約3ドル~6ドル(約300円~600円)
だそうだ。
---------------------------------------
 
 夢のような話しですね。
 
 本当でしょうか?
 
 本当なら海水から無尽蔵にエネルギーが
得られる?
 
 それもかなり安価に?

|

« 社員の「うつ」、血液で見抜く 早期発見へ | トップページ | 原料は植物! 鋼鉄より強い“万能素材”誕生! »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59462031

この記事へのトラックバック一覧です: 米海軍が海水を燃料に変える新技術開発に取り組む:

« 社員の「うつ」、血液で見抜く 早期発見へ | トップページ | 原料は植物! 鋼鉄より強い“万能素材”誕生! »