« 次世代型アルツハイマー病モデルマウスの開発に成功 | トップページ | シアノバクテリアの窒素固定に必須の制御タンパク質を世界で初めて発見 »

2014年4月27日 (日)

光合成担うたんぱく質、京大と茨城大が構造解明

2014/3/27 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 少し古い情報になっていまいましたが、
重要そうなので紹介しておきます。
 
---------------------------------------
 京都大学の三木邦夫教授と茨城大学は
光合成を担うたんぱく質の詳しい構造を
解明した。
 
 理化学研究所の大型放射光施設
「SPring―8」(兵庫県佐用町)
などで解析した。
 
 光エネルギーや二酸化炭素(CO2)を
使い人工的に養分を作る人工光合成の研究
に応用できる。
 
 研究成果は英科学誌ネイチャー
(電子版)に掲載された。
 
---------------------------------------
 
>これまでは観察の性能が不十分で、
>たんぱく質の詳しい構造は分から
>なかった。
 そうです。
 
 これでさらに光合成の研究が進み
ます。
 
 人口光合成研究は、かなり進んで
来ていますが、これでさらに弾みが
つくと良いですね。

|

« 次世代型アルツハイマー病モデルマウスの開発に成功 | トップページ | シアノバクテリアの窒素固定に必須の制御タンパク質を世界で初めて発見 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59540962

この記事へのトラックバック一覧です: 光合成担うたんぱく質、京大と茨城大が構造解明:

« 次世代型アルツハイマー病モデルマウスの開発に成功 | トップページ | シアノバクテリアの窒素固定に必須の制御タンパク質を世界で初めて発見 »