« 記憶の脳回路痕跡 マウスでついに発見! | トップページ | 心不全:再発を予測 阪大開発、薬歴・血液などで時期算出 »

2014年3月26日 (水)

慢性的な睡眠不足による脳へのダメージ、寝だめは効果なし?

2014年03月22日 slashdot
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 慢性的な睡眠不足は脳神経を損傷し、
「寝だめ」をしても回復しないことが
マウスによる実験でわかったそうだ。
 
 米ペンシルバニア大学と中国・北京大学
などの研究チームはマウスを使い、
シフト勤務者の睡眠パターンをモデル
とした睡眠不足による青斑核ニューロン
(LCニューロン)への影響を調べたそうだ。
 
 その結果、短期間の睡眠不足では
LCニューロンがサーチュイン3(SirT3)
タンパク質の発現量を増加させて代謝を
維持するのに対し、長期間の睡眠不足では
SirT3の反応が失われるという。
 
 シフト勤務者の睡眠パターンを数日
続けると、SirT3が減少し、死滅する
脳神経細胞が増加。
 
 長時間の睡眠をとっても回復せず、
マウスは最終的にLCニューロンの25%を
失ったとのこと。
 
 ヒトでも同じような現象がみられるか
どうか、どの程度の期間の睡眠不足で
脳神経の損傷が発生するかなどを確認する
には、さらなる研究が必要とのことだ。
---------------------------------------
 
 睡眠不足恐ろしいです。
 
 短期の睡眠不足では問題ないらしいが、
 
>シフト勤務者の睡眠パターンを数日
>続けると、SirT3が減少し、死滅する
>脳神経細胞が増加。
 するそうです。
 
 個人差はあるとは思いますが、
多分人間でも同じでしょう。
 
 気をつけた方が良いと思います。

|

« 記憶の脳回路痕跡 マウスでついに発見! | トップページ | 心不全:再発を予測 阪大開発、薬歴・血液などで時期算出 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59357962

この記事へのトラックバック一覧です: 慢性的な睡眠不足による脳へのダメージ、寝だめは効果なし?:

« 記憶の脳回路痕跡 マウスでついに発見! | トップページ | 心不全:再発を予測 阪大開発、薬歴・血液などで時期算出 »