« 幹細胞、運命は形次第 「骨組み」変えると脂肪細胞に 肥満治療に役立つ可能性 | トップページ | 何百万回も回転する触媒 »

2014年3月 1日 (土)

海水中のリチウム資源を回収する革新的な元素分離技術を確立

平成26年2月7日
独立行政法人日本原子力研究開発機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
【発表のポイント】
 
〇電気を必要とせず、電気を発生させ
 ながらリチウムを分離できる革新的技術
 を開発し、核融合燃料製造や電池等の
 原料となるリチウム資源を海水から回収
 することに成功
 
〇イオン伝導体を用いた新元素分離技術で、
 従来の塩湖からの回収技術に比べ、
 短時間、省スペース、さらに、
 リチウム分離過程で電気等の
 外部エネルギー消費を要さない
 革新的技術
 
〇使用済リチウムイオン電池から回収
 されていないリチウムのリサイクルにも
 適応可能な技術で、日本国内での貴重な
 リチウム資源の循環型社会の実現へ
 大きく前進
---------------------------------------
 
>本技術は特許を出願済であり、今後は
>パイロットプラント規模への拡張を目標
>とし、革新的な科学技術イノベーション
>の創出を目指します。
 
 良さそうですね。
 
 期待したい。

|

« 幹細胞、運命は形次第 「骨組み」変えると脂肪細胞に 肥満治療に役立つ可能性 | トップページ | 何百万回も回転する触媒 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59217424

この記事へのトラックバック一覧です: 海水中のリチウム資源を回収する革新的な元素分離技術を確立:

« 幹細胞、運命は形次第 「骨組み」変えると脂肪細胞に 肥満治療に役立つ可能性 | トップページ | 何百万回も回転する触媒 »