« 慢性的な睡眠不足による脳へのダメージ、寝だめは効果なし? | トップページ | (特定秘密法)自民案、不十分な監視機能 秘密指定、国会のチェック機関案まとまる »

2014年3月26日 (水)

心不全:再発を予測 阪大開発、薬歴・血液などで時期算出

2014年03月23日 毎日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 急性心不全を発症した患者の症状再発
時期を予測する計算方法を開発したと、
大阪大産業科学研究所の鷲尾隆教授
(知能情報学)らの研究グループが発表
した。
 
 血液データや家族構成、便秘薬の使用の
有無など252項目を入力し、算出する。
 
 がん再発予測の計算モデルはあるが、
循環器系の疾患では初めてだという。
 
 解析結果と患者の実際の再発までの日数
との誤差は最大約1カ月だった。
 
 今後、他病院の患者データなどを使い、
有効性を検証する。
 
 鷲尾教授は「モデルを使えば、再発を
防ぐためにより適切な治療や生活指導が
できる」と話している。【吉田卓矢】
---------------------------------------
 
 さらに検証が必要とは思いますが、
良さそうですね。
 
 今後に期待です。

|

« 慢性的な睡眠不足による脳へのダメージ、寝だめは効果なし? | トップページ | (特定秘密法)自民案、不十分な監視機能 秘密指定、国会のチェック機関案まとまる »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59357998

この記事へのトラックバック一覧です: 心不全:再発を予測 阪大開発、薬歴・血液などで時期算出:

« 慢性的な睡眠不足による脳へのダメージ、寝だめは効果なし? | トップページ | (特定秘密法)自民案、不十分な監視機能 秘密指定、国会のチェック機関案まとまる »