« うつ・脳卒中・パーキンソン病の最新電磁気治療法のメカニズムを解明 -電磁気治療法の進歩に貢献。治療評価法の開発につながる可能性も- | トップページ | (集団的自衛権 行方を問う)平時と有事の線引き議論を 冨澤暉・元陸幕長 »

2014年3月20日 (木)

クロイツフェルト・ヤコブ病における病名告知,治療の検討@日本臨床倫理学会

2014年03月02日
Neurology 興味を持った「神経内科」論文
 
 詳細はリンクを参照してください。
 
 私にとってはなかなか興味深いもの
でした。
 
>自己決定に関する講演もあった.
>演者の主張は,現代の医者の最大の
>問題は,治療の選択に関して
>「どうしますか?」と聞きすぎで,
>重大な選択になればなるほど,
>(医学的知識が十分ではない)患者と
>家族に選択を委ねようとしている,
>それは本当に「自己決定の尊重」
>なのだろうか?
>単に医師の義務を矮小化している
>のでは?というものであった.
 
 患者と家族がどの程度理解している
のかは重要な問題ですね。
 
 確かに単に医師の義務を矮小化
しているのでは?
 ということにもなると思う。
 
 無神経な告知もあると思うが、
そのようなことが無いように、
患者が有益な自己決定をする
為に資する多くの問題点の整理を
継続して議論して行って貰いたい
と思います。

|

« うつ・脳卒中・パーキンソン病の最新電磁気治療法のメカニズムを解明 -電磁気治療法の進歩に貢献。治療評価法の開発につながる可能性も- | トップページ | (集団的自衛権 行方を問う)平時と有事の線引き議論を 冨澤暉・元陸幕長 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/59324698

この記事へのトラックバック一覧です: クロイツフェルト・ヤコブ病における病名告知,治療の検討@日本臨床倫理学会:

« うつ・脳卒中・パーキンソン病の最新電磁気治療法のメカニズムを解明 -電磁気治療法の進歩に貢献。治療評価法の開発につながる可能性も- | トップページ | (集団的自衛権 行方を問う)平時と有事の線引き議論を 冨澤暉・元陸幕長 »